【ロースカツとヒレカツの違い】食感やカロリーは?迷った時はどっちを頼むべき?

分厚くてジューシーなとんかつ、たまに無性に食べたくなりますよね。でもとんかつ屋さんに入った時、ロースとヒレがあるけど、一体どっちを頼めばいいんだろうと迷うことはありませんか?

そもそもロース肉とヒレ肉の差ってなんなのでしょうか。今回はそんなロースとヒレのとんかつの違いや、迷った時はどちらを選べば良いかを書いていきたいと思います。

ロースカツとヒレカツの違い

そもそもロースとヒレは何が違うのでしょうか。もちろん同じ豚から取れる肉ですが、簡単にいうと肉の部位が違います。

ロース肉には普通のロースと肩ロースという部分があるのですが、普通のロースは豚の背中の方にある肉です。肩ロースも背中ですが中央より頭側の肩の部分にあるお肉で、とんかつでは普通のロースが使われることが多いですね。一方ヒレ肉は体の中心部にあり、細長い筋肉の部分をとったものです。

牛肉や鶏肉も部位によって名前が変わりますよね。それと同じで豚肉も部位によって種類があるということです。

ロースカツの特徴

ロースカツの特徴は何と言っても脂身が多くジューシーな肉質です。一般的にとんかつといったらこちらのロース肉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ロース肉の脂身にはほどよい甘みがあり、お肉をがっつり食べたいという方はこちらを選択する場合が多いでしょう。大きなロースカツは出てきた時のインパクトも大きいですし、とても食べ応えがありますよね。

ヒレカツの特徴

ヒレ肉は脂身のない赤身肉なので、さっぱりとした味わいが特徴です。きめ細かい肉質であっさりと食べれて胃にもたれにくいので、女性の方が選ばれることも多いですね。

豚の中心にある筋肉部分を切り取ったお肉なので細身なのが特徴で、スーパーなどでは小さくカットしたヒレカツもよく見かけます。

ヒレの方が希少部位

メニューを見ていると、なんだかヒレカツの方が値段が高いと感じることはありませんか?それはロース肉よりヒレ肉の方が、1頭あたりから取れる量が少ないからなんです。

ロース肉が約9.0kg~11.0kg取れるのに対し、ヒレ肉は約1.0kg~1.4kgしかとれません。約10倍違うわけですから、値段もその分ヒレ肉の方が高いというわけです。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事