「おべっか」とはどんな意味の言葉?その語源が全く想像つかない言葉の由来とは

「おべっか」を使う人、と聞いてどんな印象を持ちますか?
多分あまりいいイメージはありませんよね。

ここでは、あまりいい印象を持たれない「おべっか」という言葉の意味や由来について見ていきましょう。

おべっかの意味

 

おべっかというのは、人の機嫌を取ろうとしてへつらったり、軽薄なお世辞を言うこと。
つまり、部下が上司のご機嫌伺いをして見え透いたお世辞を言ったり、本心ではそう思ってもいないのに、社長の功績をたたえて上機嫌にさせる社員や取引先の営業マンなどの態度のことですね。
 

おべっかの語源

 

おべっかの語源や由来については諸説ありますので、そのうち有力とされる説をいくつか見ていきましょう。

「弁口」変化説

一番有力とされるのが、口のきき方が上手なことを意味する「弁口」という言葉が語源であるとする説です。
「べんこう」と読むこの言葉に、接頭語の「お(御)」をつけた御弁口(おべんこう)という言葉が、変化して「おべっか」になったという説となっています。

「別火」説

神事や祭事に際して、神職の人などが日常の炊事に使用する火とは別の火を使うことを「別火(べっか)」と言います。
これを由来とするという説もあるのですが、その説では「別火」の正しい意味を知らない人が調子よく「おべっか」と言ったことから来ているとされます。

英単語「OBEY」由来説

英語の「OBEY」に由来するという説もあります。
OBEYには服従するという意味があるからとされますが、それほど新しい言葉でもないことから、この説の信憑性は低いとも考えられています。

類義語はおべんちゃら

 

「おべっか」の類義語としては、「おべんちゃら」があげられます。

どちらも意味はほぼ同じ

おべっかとよく似た言葉に「おべんちゃら」があります。
その意味は、口先だけで相手の機嫌を取ろうとすることや、お世辞を言うことです。

お世辞を言う人ということで、おべっかとほぼ同じ意味で使われます。
心にもないいい加減なことを言って、相手を持ち上げるときなどにも使うことですね。

語源は別々

べんちゃらのべんは、つまりものの言いようや話しぶりを表す言葉「弁口」の弁から来ています。

これにでたらめやでまかせを言うことの「ちゃら」がくっついて、べんちゃらという言葉ができました。
おべんちゃらのちゃらは、チャラ男のちゃらと同じということになります。

そして、おべんちゃらの「お」はおべっかと同じく接頭語の「お(御)」です。

まとめ

「おべっか」は、人の機嫌を取ろうとしてへつらったり、軽薄なお世辞を言うことをあらわす言葉です。
その由来としては、「弁口」から来ているとも「別火」から来ているという説があります。

中には、英語から来ているという説まであります。

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事