チョコレートを食べすぎると鼻血が出るって子供の頃言われたけど、あれってホント? | FUNDO チョコレートを食べすぎると鼻血が出るって子供の頃言われたけど、あれってホント? – FUNDO

チョコレートを食べすぎると鼻血が出るって子供の頃言われたけど、あれってホント?

2020.1.12


子供の頃、チョコレートを食べすぎると「鼻血が出るよ」なんて言われたことはありませんか?誰でも一度はそんな経験があると思います。筆者もよく親に言われました。

でも、本当にチョコレートを食べただけで鼻血が出るのでしょうか?カフェインやチラミンといったチョコレートに含まれる成分が関係しているといわれますが、それは本当なのでしょうか?

そこでチョコレートを食べると本当に鼻血が出るのか、またなぜそう言われるようになったのか、それぞれご紹介します!

チョコレートを食べても鼻血は出るのか


チョコレートを食べると鼻血が出るとは言うものの、本当に鼻血は出るのでしょうか。これにはチョコレートに含まれる成分が関係しているという意見もあります。

チョコレートの成分が鼻血を出す?


チョコレートには微量のカフェインやチラミンという成分が含まれています。それらの成分によって鼻血が出ると思っている人もいるようです。

カフェイン


チョコレートに含まれるカフェインには興奮作用があるため、その影響を受けて鼻血が出るという説があります。

しかし、チョコレートに含まれているカフェインの量は微量で、全身の血液の流れを促進するほどの効果は期待できないといわれています。

また、チョコレートのカフェインの量はコーヒーや紅茶や緑茶などに比べても少ないため、カフェインが原因で鼻血が出る可能性は考えにくいとされています。

チラミン


チョコレートに含まれているチラミンという物質は血圧や心拍数を上昇させる作用があり、一時的に血管の収縮や拡張を促進する働きがあると考えられています。その影響から鼻内部の血管に負担をかけ、鼻血の原因になるという意見もあります。

しかし、このチラミンはチョコレートだけでなく、赤ワインや発酵食品、柑橘類など多くの食品に含まれている物質です。そのため、チラミンが鼻血の原因になるなら、チョコレートだけでなくこれらの食品と食べても鼻血が出ることになります。

現状ではチラミンを摂取したら鼻血が出るのか、その関係性については研究されていません。そのため、このチラミンが鼻血に繋がるかは分かっていないようです。

鼻血が出る仕組み


鼻血は鼻の入り口周辺にある毛細血管が密集したキーゼルバッハ部位という場所が摩擦や外傷など何らかの刺激で出血する際に起こります。

鼻血は粘膜や血管が傷つくことによって出ますので、チョコレートやその成分によって起こすとは医学的には考えにくいとされています。

結論:医学的根拠は無い


チョコレートの食べ過ぎと鼻血が出る言われていますが、実は医学的根拠は無いようです。

チョコレートと鼻血との関係性について医学論文や研究報告が出てきたこともないと語る先生もいるほどです。

ただ、チョコレートにはテオブロミンやポリフェノールなどの血行を良くする物質も含まれているため、一時的に毛細血管が刺激されやすくなる状況にはなるかもしれません。その時に鼻の粘膜が傷付いていたりすると鼻血が出るとこもあるかもしれません。



なぜ広まった?チョコレートを食べると鼻血が出る説


チョコレート鼻血説には様々な俗説があるのですが、いずれも医学的な根拠は今のところ出てきていません。興奮すると鼻血が出るという俗説にも根拠がないように、チョコレートで鼻血が出るというのも不確実なことです。

それならば、「チョコレートを食べたら鼻血が出る」なんてなぜ言われるようになったのでしょうか?

チョコレートが高価なため?


その昔チョコレートは高価なものだったため、少しずつ食べるように促すため「鼻血が出るぞ」と脅したという説があります。

今でこそ安価から買えるチョコレートも、昔はなかなか手に入らないものだったのです。

そのため、あまりの美味しさにたくさん食べてしまう人が続出しないように「チョコレートを食べたら鼻血が出るよ」と言われた、という説があります。

栄養価が高すぎるから?


かつては脂肪分や糖分を多く含むチョコレートを食べると、摂取した栄養が行き場を失って鼻血が出ると考えていた人もいました。栄養価が高すぎるからこそ、鼻血が出るなんていう噂が広まったわけです。

事実、チョコレートの原料となるかカカオマスやココアパウダー、牛乳、砂糖などは脂肪分や糖分がとても多いと言えます。鼻血が出るかどうかは別にして、食べすぎると栄養バランスが崩れるため、注意しておきたいところです。

チョコレートでお腹いっぱいにならないようにするため?


チョコレートはカロリーもそこそこに高いため、食べすぎるとお腹がいっぱいになってしまいます。特に子供たちが欲しがるままに食べさせてチョコレートでお腹がいっぱいになったら食事が食べれなくなってしまします。それを防ぐために「チョコレートを食べると鼻血が出るよ」と言っていたとも考えられています。

まとめ


チョコレートにはたくさん食べると鼻血が出るという医学的根拠はありません。

チョコレートと鼻血との関係性についての医学論文や研究報告は一切ないともいわれています。それでも「チョコレートを食べると鼻血が出る」と言っているのには、様々な思惑があったわけです。

ただ、チョコの食べすぎが体の栄養バランスが崩すというのは確かなので、よくよく考えながら食べるようにしたいですね!
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加