センス抜群!娘が宝ものを分類するために書いた標本ラベルが超愛おしい

2020.1.15


子どもの頃って、きっと誰しも自分だけの大切な「宝もの」が存在しますよね。

娘さんが収集している宝物に対し、「日時や場所を書くと良いですよ」と、アドバイスを貰ったmghnsos(@mghnsos)さんがその事を娘さんに伝えたところ、めちゃくちゃ愛おしいオリジナルの“宝もの標本ラベル”が創作されました。



ヘアクリップは◯◯◯科に分類


mghnsosさんからアドバイスを受け、お小遣いで植物標本用のラベル購入した娘さん。

そんな娘さんが書いた宝ものの標本ラベルがこちらです。


まずはこちら。


公園で見つけたという「どんぐり(スダジイの実)」。植物図鑑でしっかり調べて書いたようですね!

そしてお次がこちら。


髪を留める「ヘアクリップ」。これは図鑑に載っていないアイテムですが、よく見てみると・・・「はがね科」と娘さんが自分で創作した科が与えられています(笑)

センス抜群で愛おしさ爆発の素晴らしいラベル、これは最高の宝もの標本が完成するに違いありません。子どもの発想って本当に面白いですね!

ちなみに、気になる方も多いかと思われるラベルの購入先がコメント欄で紹介されています。


また、この投稿を見た人からは、収集だけでなく分類整理するというラベリングのスキルが将来絶対役に立つ、といった絶賛の声が。


これに対し、娘さんは昆虫博士になることが夢で「標本つくらないと」と嬉しそうに作業していることを紹介し、「いずれ娘の役に立つといいなぁと思います。」と話されているmghnsosさん。


スキルとして将来役立つのはもちろん、幼少期の素敵な思い出として記憶に残るでしょうね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@mghnsos)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加