なぜ着物の前合わせは男女とも右前のなのに、洋服は女性が左前なの?その理由を解説!

日本の伝統文化の1つとして知られる着物。現代では日常で着付けをすることは少なくなりましたが、成人式や大学の卒業式の際には着物を着付けることもありますよね。

現在では着物が非日常の服装となっていることから、右と左どちらを前にして着付けるのが正しいのか、いまいちわかっていない人も多いのではないでしょうか。筆者も着物を着る機会がほとんどないので、右前が正しいのか左前が正しいのか、急に聞かれたら自信を持って答えることは…できない気がします。

最初にお答えしておくと、「和服は男女共に右前」です。着慣れている洋服の場合、女性は左前なのでつい混合してしまいますから少しややこしいですよね。

なぜ着物は男女元に右前で、洋服の場合女性だけ左前になるのか、その理由をみなさんに簡単ではありますが解説いたします!

和服の着方の基本は「右前・左前・上前・下前」

和服の前合わせは基本的に男女関係なく右前です。右前とは、着物の右手側を先に体に当て、その後に左側を巻くように着付けることから左側が上に重なっている状態です。

右前の前は手前を意味しますので、着物の右側が自分の体側、より手前にある状態が正解です。右側が前に出ているの意味と勘違いして逆に着てしまう人もいるそうなので気を付けてくださいね。

なお、左前は葬儀の際に故人が身に着ける経帷子など死装束の着付け方になってしまうため、縁起が悪いとされています。

ここからは着物の着付けの基本、4つの用語「右前・左前・上前・下前」についてご紹介します。

右前(みぎまえ)

着物の袖を通し羽織った状態から、右手にある側を先に体に当て、その上に左側を重ねて着付けた状態を意味します。右側を先に着付けますので、左側が外側に来ます。

左前(ひだりまえ)

左手にある方を先に着付けた状態を左前といいます。左側を先に着付けていることから、右側が上に重なっています。

上前(うわまえ)

上前は着物の前を重ねる時、布が外側にに出て、表から見えている部分を指します。「うわがい」「うわがえ」と読まれるよともあります。

下前(したまえ)

下前は着物の前を併せた際、生地が隠れて見えなくなる部分です。下交(したがい)という別名もあります。

着物の合わせは法律で決められた

和服の前合わせの文化は奈良時代に生まれたといわれています。初めて天皇という称号を用いた天武天皇の孫「元正天皇」の時代、719年(養老3年)の2月に「初令天下百姓右襟」として定められ、今までの左前(左袵(さじん))が右前(右袵(うじん))となったそうです。

つまり、すべての衣服は右前で着付けることが、1300年も前に法律で決められたわけです。右前で揃えたのは、手本としていた当時の中国、唐の国において着物を右前に着ていたので、それに倣ったのだ、ともいわれています。

実際、遣唐使が帰国しているのはこの令が出る前年、718年のことなので、この帰国した遣唐使によって伝えられたとも考えられています。

日本では多くの分野で中国の文化に倣っており、着物の着付け方もまた影響を受けていたようです。奈良時代に法令で定められた着付け方法が現代まで文化として残り、定着しています。

西洋では男女で前合わせが違う理由

日本の着物の前合わせが男女共通なのに対し、西洋の服装では男性は右前、女性は左前というのが一般的です。

もともと日本と西洋では、様々な文化の違いもあり、服の着付けにもまた同じことがいえます。どのような経緯から西洋では着物とは異なり、男女で前合わせが変わるのか、その文化について解説します。

西洋の男性服は右前で着る

男性服の場合、西洋も日本と同じく右前で洋服を着ます。

13世紀~14世紀の中世では、上流階級の男性の間でボタンの付いた服を着るようになりました。当時、右利きの人が多かったこともあり、ボタンが右についていたほうが便利だったので右前になったともいわれています。

剣を左腰に吊るした際、コートなどが右前になっている方が右手で抜剣しやすいという利便性から右前になったともいわれています。

西洋の女性物は左前にして着せてもらっていた

中世など、上流階級の女性は自分で衣服を着付ける習慣がありませんでした。

大抵は家政婦などのお手伝いさんがおり、それらを職業とする方たちに着付けしてもらうのが普通でした。上流階級の女性を着付けをする人にとって左前のほうが楽だったことから左前になったといわれています。

また、赤ちゃんを左手に抱いたまま授乳するなら左前のほうが都合がいいとも考えられていたそうです。

まとめ

現在では日常的に着物を着る人は少ないですし、多くの人がほとんど着る機会もないかもしれません。しかし、冠婚葬祭や、成人式の際には着ることもありますし、花火大会などお祭りでは浴衣など着付けすることもありますよね。

その際、着付けが間違っていると不格好であることはもちろん、常識の無い人だと思われてしまうかもしれないので、前合わせについて知っておいて損はないですよね!

原則として右前と左前さえわかっていれば問題はありません。桜が満開の時期や紅葉が山を赤く染める頃に、着物の正しい着方をまなんで、美しい日本の伝統文化に身を包んで過ごされるのも風情があっていいのではないでしょうか。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事