「適時」と「適宜」は似ている言葉だけど意味が違う!使い分けるポイントは?

適時(てきじ)」と「適宜(てきぎ)」は意味がとてもよく似ている言葉ですが、読み方も似ているので使うとき迷ってしまいませんか?
ビジネスシーンでも頻繁に使われる言葉なので、使い方を把握しておきたいですよね。

そこでここでは、「適時」と「適宜」という2つの言葉について見ていきましょう。

「適時」と「適宜」の意味

tekiji

 

「適時」と「適宜」はとてもよく似た言葉ですが、違う意味を持っています。

適時の意味

『適時』には、「その場面や状況にふさわしい時」「ちょうど良い時」という意味があります。

<例>
・10時の開演に合わせて、適時お集まりください
・適時休憩をお取りください

適宜の意味

『適宜』には、2つの意味があります。

その場面や状況に合わせて」や「ちょうど良い」という意味と、「状況に応じて各自で判断し行動する」という意味です。

<例>
・質問等ございましたら、適宜対応いたします
・状況に応じて適宜お買い求めください
・味を確かめながら、適宜砂糖を足してください
・適宜、必要な持ち物をご用意ください

使い分けるポイント

tekiji

 

それぞれの意味と例を見てもとてもよく似ているため、まだ使い方に迷ってしまいそうですね。
ここからは使い分けるポイントを見ていきましょう。

「時」と「宜」の意味を考える

「適時」と「適宜」に言葉で使われている「」という漢字には、「ふさわしい」「よく当てはまる」という意味があります。
それでは「時」と「宜」にはどのような意味があるのでしょうか?

「時」の意味

」の漢字は時間を表します。
すなわち「適時」は、「適当な時間」「ちょうど良いタイミング」になります。

「適時」の「ちょうど良い」の対象は、時間に限られているのです。

「宜」の意味

」の漢字には、「都合が良い」「程よい」という意味があります。
「適宜」は時間だけではなく、数量やタイミング、行動など広い範囲を対象に「ちょうど良い」というときに使います。

「ちょうど良い大きさ」「ちょうど良い速さ」「ちょうど良い進め方」など広い対象に使える、「ちょうど良い」なのです。

「適時」「適宜」の類義語

tekiji

 

「適時」と「適宜」それぞれの類義語についても見ていきましょう。

適時の類義語

・「頃合い
「ちょうどよい時、時点、時期」という意味で、適時よりも広い時間を表すときにも使います。

・「潮時
「ちょうどよい時、時点、時期」という意味と、「物事を終わらせるのに適した時期」という意味を持ちます。

他にも、「頃」「好機」などが「適時」の類義語となります。

適宜の類義語

・「適切
適宜ととてもよく似た意味を持っており、「状況・目的やその場面などにふさわしいこと」という意味です。
少し違うところは、「適宜」には行動が伴うときに使われることです。

・「適当

2つの意味を持つ言葉です。
「ある条件・目的・要求などにうまくあてはまること。ほどよいこと。」というときに使われるのは「適宜」の類義語です。

もう1つの意味「いい加減なやり方」は、類義語にはなりません。

・「必要に応じて

「適宜」とほぼ同じ意味で使われます。

他にも、「適正」「手頃」「場合により」「しかるべく」「ふさわしい」「ケースバイケース」「臨機応変」などが「適宜」の類義語としてあげられます。

英語で言うと?

tekiji

 

では、英語での表現はどうなるのでしょう?

適時の英語

「適時」を英語で表現すると「timely」です。
日本語の会話でも取り入れやすいので、普段から使われている方もいらっしゃると思います。

もしかしたら、timeという語句が含まれている英語の方が意味を理解しやすいかもしれませんね。

適宜の英語

「適宜」を英語で表現すると「必要に応じて」の意味を持つ「as appropriate」になります。
もしくは「適切」を表す「proper」「suitable」「appropriate」が使われますが、この3つはそれぞれ使い方が異なります。

・「proper」
正しいか間違っているかの判断で正しい場合

・「suitable」
適切な道具を使う場合

・「appropriate」
状況や背景を含めて適切に判断すること

まとめ

tekiji

 

「適時」と「適宜」の意味と違いをお分かりいただけたでしょうか?
『適時』は「ふさわしい時間」のことで、『適宜』は「ふさわしいこと全て」「各自判断する」という意味でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事