ポピーの花言葉はなに?別名には中国の英雄・項羽にまつわる物語も

赤、白、黄色などカラフルに咲くポピーの花言葉は、何だと思いますか?

実は「いたわり」「慰め」「思いやり」「恋の予感」など、その優しいイメージにぴったりのものばかりです。

花色によって花言葉もそれぞれにあるのですが、その由来にはギリシャ神話にまつわるものもあります。また他にもポピーの別名には、中国の英雄・項羽にまつわる物語も語り継がれています。

今回はそんなポピーの花言葉やその由来、そして豆知識までまとめてみました!

ポピーとは?

ポピーの和名は「ケシの花」と呼び、古くから親しまれている小ぶりな花です。早春に色とりどりの花を咲かせるポピーは春の訪れを知らせてくれます。

特徴

ポピーは、黄色、オレンジ、白、ピンク、赤など様々な色の花を咲かせるケシ科植物の総称です。

ポピーというとヒナゲシの花をイメージする人が多いかもしれませんが、ヒナゲシだけではなく、ケシの花全般を指します。

(ケシ全般なので、もちろんヒナゲシを指してポピーというのも間違いではありません。)

また、日当たりのよい丘などにたくさん植えられており、風に吹かれてそよぐ姿は、清々しく癒されます。

開花時期

春先の3月頃から花を咲かせ、5月頃まで咲き続けます。

一重や八重の薄い花を咲かすポピーの開花期間はそれほど長くありませんが、繁殖力や生命力に長けた品種なので、育てる手間が掛かりません。

原産

ポピーはヨーロッパ南部、トルコ東部、イラン北部、西アジア、アジア北東部が原産地だといわれています。

花の名前の由来

ポピーという名前は、ラテン語の「papa」が語源となっています。

「papa」とは粥という意味があり、幼児を眠らせるためにお粥に催眠作用のあるケシの乳液を加えていたことが由来とされています。

食品や薬品として使われる

ポピーは食品や薬品としても用いられています。

ポピーシードは、食用としてあんぱんなどに使用されているので、日本人にとっては馴染み深いですよね!

またケシ科の植物の実から採取される乳液には、入眠、麻痺作用があり、ギリシャ時代には麻酔薬や睡眠導入薬としても用いられてきました。英名のpoppyはケシ科植物の総称ですが、日本で麻薬原料となるものを「ケシ」、麻薬原料にならないものを「ポピー」と呼んで区別しているようです。

日本では、アヘンの原料成分であるモルヒネを含んだ実がなる「Opium poppy」種のものは、麻薬及び向精神薬取締法によって原則栽培禁止です。

ポピーの花言葉

ポピーの花言葉は、全般的な花言葉と色による花言葉が異なります。どちらの花言葉も爽やかで可愛らしい花のイメージ通り、優しくて素敵な言葉多いです。

全般的な意味の花言葉

全般的な花言葉は以下の5つです。

・いたわり 
・慰め 
・思いやり 
・恋の予感 
・陽気で優しい

これらの花言葉の意味はギリシャ神話が由来になっているものが多いようです。

また、英語では3つの花言葉があります。

・眠り 
・想像力 
・忘却

これらはポピーの催眠効果が由来となっています。

色による花言葉

ポピーの花言葉は花の色によって違います。それぞれまとめてみましょう!

赤いポピー

花言葉は「慰め」「感謝」「喜び」です。

赤色は派手な印象がありますが、花言葉は落ち着いていますね。ギリシャ神話が由来となっており、優しい意味合いになっています。

白いポピー

花言葉は「眠り」「忘却」です。

何色にも染まっていない白色は「忘却」とイメージがぴったりですね。そして「眠り」に関してはポピーの催眠効果やギリシャ神話に由来しているそうです。

黄色のポピー

花言葉は「富」「成功」です。

風水でも黄色は金運を表しており、黄色の花言葉は「富」に関するものが多いですね。

ポピーにまつわる豆知識

ポピーの花言葉の由来はギリシャ神話に由来するものが多いです。またさらに別名には中国の英雄・項羽にまつわる物語があります。

ここからはポピーにまつわる豆知識をご紹介します。

ポピーの別名:グビジンソウ

ポピーの別名は「グビジンソウ(虞美人草)」といいます。これは中国の伝説に由来しています。

秦の末期。漢の高祖・劉邦と天下を争った武将・項羽にはその美しさから虞美人と呼ばれた虞と言う愛人がいました。

負け知らずといわれた項羽が最後の戦いに敗れて追い詰められた時に、虞美人も共にいました。

虞美人は自害し最期を迎えたのですが、彼女を葬った墓に赤いヒナゲシの花が咲いたという伝説が残っています。

この伝説からポピーは、「グビジンソウ」と呼ばれるようになりました。

「癒し」と「眠り」の花言葉の由来となった神話

ポピーの花言葉には「いたわり」「慰め」「思いやり」「眠り」などがあります。これらは"癒し"をイメージさせる言葉が多いのが特徴的ですが、実はギリシャ神話が由来となっています。

豊穣の女神デメテルは、最愛の娘を冥界の王ハデスに奪い去られ、悲しみに打ちひしがれていました。

傷ついたデメテルの心を癒すために、眠りの神であるヒュプノスはポピーを贈りました。このポピーのおかげでデメテルはようやく眠ることができ、心と体を癒しました。

このギリシャ神話が、ポピーの花言葉の元になっているといわれています。

まとめ

ポピーは、爽やかな印象がある可愛らしい花で、明るい色とりどりの花から元気を与えてくれます。

花言葉は「いたわり」「慰め」「思いやり」など癒しに関するものが多く、ギリシャ神話に由来します。見た目と同じイメージの優しい花言葉が印象的ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事