牛の鳴き声は牛たちの感情が込められたコミュニケーションツールということが判明!

牛の鳴き声といえば「モー」ですよね。子どもでも知っていることでしょう。

ところで牛はなぜ鳴くのでしょうか?実は牛は「モー」と鳴くことで、自分の感情を表現していることが最近の研究で明らかになりました。

そこでここでは、牛はなぜ鳴くのかについてご紹介します。また牛の生態についても併せて以下で解説していきますね。

牛について

牛は生物学的な分類でいうと、哺乳綱鯨偶蹄目ウシ科ウシ亜科の動物です。

我々が想像する牛(家畜牛)はオーロックスという野生動物を家畜化して誕生したといわれています。

生態

牛の生態について、ここで詳しく見ていきますね。

反芻

牛の有名な生態としては反芻(はんすう)が挙げられます。

反芻とは一度飲み込んだものを口に戻し、再度噛み砕き食べることで、栄養の吸収を格段に上げているのです。

一度食べたものを戻すなんて気持ち悪いと思うかもしれませんが、これはかなり高度な進化で、反芻動物はこれにより世界中に拡散できたといわれています。

親子の牛は危険?

メスの牛が、子どもを産むと母性本能が強くなるといわれています。

子牛を守ろうとして、時には凶暴にふるまうこともあるようです。親子の牛のいるところに不用意に近づいてしまうと暴れる可能性があるので注意が必要ですね。

何でも飲んじゃう

牛にはちょっと困った習性があるので、ここで紹介しておきますね。

それは細長いものなら何でも飲み込んでしまうというもの。

鉛筆やペンなどを出すと飲み込んでしまいますよ。さらに厄介なのが釘です。飲み込んだ結果、胃袋を刺してしまう恐れも・・・。

第2の胃袋の場合、近くに心臓があるので傷つける恐れもあり、致命的な結果にもなりかねません。

牛は集団で行動する生物

牛の生態の中で見逃せないのは、群生動物である点ですね。基本、集団になって行動します。

集団の中ではリーダーをはじめとして、順位付けが行われます。

順位を決めるために角を使った激しい喧嘩になることも。ただひとたび順位が決まってしまえば、下のものが上のものに喧嘩を売ることは少ないです。

そしてリーダーになると、強い責任感を持つようになります。外的な接近したときには群れの矢面に立って、仲間を守ろうとする習性も見られますね。

牛の鳴き声

牛の鳴き声といえば「モー」ですが、集団行動をする牛にとってこの鳴き声は重要な意味があります。

そんな牛の鳴き声の役割について、以下にまとめました。

世界中で「モー」

日本人にとって牛の鳴き声といえば「モー」です。ところで動物の鳴き声って、国によって表現の仕方が違いますよね。

例えば鶏の鳴き声は日本では「コケコッコー」ですが、英語では「クックドゥードゥルドゥー」と大きく違いますよね。

でも牛の鳴き声については、あまり大きな違いはない模様。英語だと「moo」、カタカナ表記すると「ムー」に近い感じでしょうか?

鳴き声でコミュニケーション?

最近の研究で、牛は鳴くことでコミュニケーションをとっていることがわかりました。

学術雑誌の「サイエンティフィック・リポーツ」に牛の鳴き声に関する論文が掲載され、注目を集めました。

オーストラリアのとある牧場で飼育されているホルスタイン18頭の鳴き声を録音し、その鳴き声を分析した結果、牛それぞれに異なる特徴を持っていることがわかったようです。

しかもその声の特色をさらに分析したところ、異なる状況で使い分けて発していることが判明したのです。

つまり、うれしいや悲しいなどの自分の感情を鳴き声で表していることがわかりました。

もともと牛は集団で行動する、社会的な動物です。このため、何らかのコミュニケーションをとっているのではないかと思われていましたが、鳴き声によるコミュニケーションは、母牛と子牛の間に限られると考えられてきました。

ところが今回の研究で、さらに広域に群れの中で意思疎通の取れていることが判明したわけですね。

鳴き声翻訳ができる?

今回の研究結果によって、牛の鳴き声のパターンを分析して、Google翻訳の牛バージョンが作れるかもしれません。

牛の気持ちがわかると、特に酪農に携わっている人たちにプラスに作用します。

また、牛の精神状態がわかれば、より快適に生育できる環境整備にも正確に対応しています。

そうなれば、牛も健やかに成長して生産効率の向上につながる可能性も期待できますよね。

まとめ

牛の鳴き声というと「モー」で、同じように鳴いていると思っている人も多かったのではないでしょうか。

しかし牛は自分の感情に合わせて、鳴き声を使い分けていました。

もし牛の翻訳機のようなものができれば、人と牛のコミュニケーションも将来できるようになるかもしれませんね。

牛の「モー」という鳴き声を聞いたら、何を伝えているのか今度耳を傾けてみませんか?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事