【注意喚起】台風などで倒れたエアコンの室外機は自力で起こそうしないで!

台風9号10号の影響で九州・沖縄地方ではかなりの被害が出ております。そんな中、昨年エアコンで有名なダイキン工業さんからエアコンの室外機に関しての注意喚起がされ、再注目されています。

倒れた室外機は自力で起こさないで!

昨年千葉県に甚大な被害をもたらした、台風15号の時にダイキンさんが室外機に関して注意喚起のツイートを行い、今回もそのツイートを引用する形でツイートされています。


今回の台風で、室外機が倒れたというご家庭も多く、この情報が今非常に必要とされているようです。

まずはエアコンを使う前に、室外機の状態を確認してください。その際、室外機が倒れていた場合には、自力で戻すと配管の破損から冷媒ガスの噴出により怪我を負う可能性がありますので、決して自力で動かさず、設置業者や、管理会社、メーカーなどに連絡するようにお願いします!

台風一過のエアコンの注意点

台風の被害があった地域の方は下記の事に注意してください。

注意点
・まずは室外機の状態を目視で確認
・倒れている場合はエアコンは使用せず、設置業者、電気店、管理会社、メーカーなどに連絡

自力で起こせそうと思った場合でも、目視では確認できない小さな穴などが開いている可能性もあります、その穴からガスが噴出し、凍傷などの怪我をする可能性もあります。決して自力で行ないようにしましょう。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事