ボロボロでかわいそうな姿になったファービー。お迎え先でのビフォアフ姿のギャップにビックリ!

かつて一世を風靡したファービーは日本で1999年5月29日に発売され、その愛らしい姿で社会現象を巻き起こしました。
しかし、そんなブームから20年以上、捨てるに捨てられず現在ではボロボロになってしまったファービーも数知れず。

そんな中、ボロボロのファービーを綺麗な姿に生まれ変わらせてあげたというTwitterの投稿が話題となっています。
そこで、ここではそんな話題の劇的ファービービフォーアフターな投稿をご紹介します!

一世を風靡したファービー

ファービーはアメリカで1998年に発売され、日本では1999年に発売されるようになったペットロボットです。

当時、ペットロボットはまだまだ知られておらず、口に指を入れたりお腹を押したりすることで様々な反応を見せてくれるファービーの画期的なシステムの虜になる人がたくさんいました。

このファービーの凱旋は社会現象を巻き起こすほどのもので、筆者も親にねだって買ってもらったことを覚えています。
筆者自身、ファービーにビー玉を食べさせたりして愛情たっぷりに育てていました!(笑)

しかし、あれから20年以上、ファービーは物置の中で眠っています。

お迎えしたファービーの生まれ変わり計画始動!


出典:Twitter

今回、同じく長い年月を超えてボロボロになってしまったファービーを救ったのはballJP(@namamono0)さんという方。

メルカリに出品されていたボロボロのファービーを見つけ、あまりにも可哀想な姿をしていたために救出してあげることを考えたそうです!


出典:Twitter

届いた時のファービー2匹はこのような状態だったそうです。
本来は白くてふわふわな毛をしているのに、その色は失われて毛もゴワゴワになってしまっています……。


出典:Twitter

そこで、すべてのパーツを分解。
徹底して掃除してあげることにしたそうです。

途中経過の写真はなかなかショッキングなものですね!(笑)


出典:Twitter

写真にある通りオキシクリーンに浸して汚れを落とし、数時間干して乾かした後、ブラッシングしてあげたそうです。
人様の家にいたファービーにここまで愛情を注いで綺麗にしてあげるなんて、この投稿主の方はなんと優しいんでしょうか!

分解されてしまったももの、このファービーは幸せ者ですね。
ちょっと映画「トイストーリー」を思い出して泣きそうです。

1匹目のビフォーアフター


出典:Twitter

1匹目のビフォーはこのような感じだったそうです。
汚れているだけではなく、耳が取れていて足も真っ黒。
筆者のように物置にでも置いておいたのでしょうか?


出典:Twitter

それがなんとこんなにピカピカに生まれ変わりました!

見違えるというのはまさにこのことかもしれませんね。
あんなにくすんでいたのに、純白になって顔つきまで綺麗になっています。

真っ白になっただけじゃなくて、耳も付け直して足も元通り!
こんなに綺麗に生まれ変わったら、このファービーも幸せだと思います。


出典:Twitter

後ろ姿もこんなにボロボロだったのに……。


出典:Twitter

持ち前の毛が復活しています。

ちょっと掃除するだけでこんなに綺麗になると思うと、筆者も物置からファービーを救出して洗ってあげたくなります!

2匹目のビフォーアフター


出典:Twitter

2匹目のファービーもなぜか耳が取れていたようです。
色もわからないほどに汚れてしまっているのが痛々しいです。

特に半開きの目から漂う悲壮感は言葉にできません!


出典:Twitter

でも、こちらも投稿主の方が洗濯したことによって、こんなにピカピカに生まれ変わることができたようです!

壊れていた耳が元通りになったのはもちろん、つぶあん柄だったこともわかるほど綺麗になりました。
お腹も薄いピンクだったんですね!


出典:Twitter

こちらのファービーは日焼けなどでまぶたが変色してしまっていたため、メイクをしてあげることにしたそうです!


出典:Twitter

マニキュアを塗ってあげたことで、一気に雰囲気も変わりました。
洗ってあげるだけじゃなくてメイクまでしてあげるなんて、この投稿主の方のファービー愛は本物だと思えてきます。

心なしか表情も笑っているように見えませんか?(笑)

すっかり生まれ変わったファービー


出典:Twitter

今回、あんなに汚れていたファービーもしっかりと掃除してあげれば綺麗になることが証明されたとも言えます。

一時期は社会現象を巻き起こすまでになったファービーも、今では無造作に放置されていたりするのではないでしょうか?

ただ、おもちゃとしてたくさんの思い出を分けてくれた彼らは、ずっと持ち主の方のことを待っているかもしれません。
もし、気が向いたら綺麗にしてあげてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ファービーはその愛らしい仕草や声で人気を集めたペットロボットです。そんなファービーもブームが終息したことで、放置してしまっている家庭も多いのではないでしょうか?
綺麗にしてあげればまだまだ現役で愛情を注げるものなので、ぜひファービーを持っていたという人は今一度思い出してみてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@namamono0)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事