【それマジ?】「総スカン」の由来は関西弁にある?!なんて言葉から来たのか解説!!

「総スカン」はみんなに嫌われてしまうことを意味し、特に孤立しているような状態を指す言葉として用いられます。
この総スカンの「スカン」、その語源はなんと関西弁にあるのだとか!

そこで、ここでは総スカンという言葉がどこから来たのかというところを中心に、詳しく解説させていただきます。

総スカンの意味と由来

まず「総スカン」の意味と由来についてまとめたので、1つずつ解説していきますね。

総スカンの意味

総スカンとは、みんなから嫌われることを指す言葉です。
また、誰からも賛成が得られず反対多数で孤立している状態などを意味することもあります。

主な用いられ方としては「総スカンを食う」のように表現されることが多いです。
総スカンは単に嫌われるというより、周囲の人から孤立しているというニュアンスを強く含んでいる言葉となっています。

由来は関西弁の「好かん」?

総スカンの由来については、関西弁が関係しているとされています。

総スカンの「総」はすべてを意味するところから来ており、「スカン」は関西弁の「好かん」から来ているとされているのです。
つまり、すべての人から好かれていない状態、またはそういう人のことを指して総スカンと表現されます。

ちなみに、関西圏では1930年代から使われるようになり、次第に広まってきたともされています。

英語の「skunk」から来たという説も

総スカンには英語の「skunk」が関係しているという説もあります。

「skunk」が指すのは動物のスカンクだけではありません。
完敗零敗という意味を持っているのが特徴です。
完敗とは完全に負けることであり、零敗とは1点もとれずに負けることをそれぞれ意味しています。

また「skunk」は、鼻持ちならないやつものすごくイヤな人というスラング(俗語)でもあります。
これらの意味合いをひっくるめて、総スカンという言葉が来たのではないかともされています。

総スカンの類義語

総スカンはみんなから嫌われることを意味しますが、言い換えるならばどのような言葉があるでしょう。
いくつかピックアップしましたので意味合いの解説と共にご紹介します。

鼻つまみ

「鼻つまみ」とは、はなはだしく人から嫌われることを指します。
単に嫌われるというよりは、周囲の人たちみんなから嫌われるというような完全孤立状態を意味する言葉です。

「近所から鼻つまみにされる」などの表現で用いられます。

ひんしゅくを買う

「ひんしゅくを買う」とは、良識に反することをして人から嫌われることを意味します。

ひんしゅくを買うという言葉は道徳に反することをした場合などに限定されます。
総スカンの場合は理由もなく嫌われる場合にも使われるため、少しだけニュアンスは違ってくるかもしれません。

ひんしゅくを買うの場合、自分の行いが原因で人からさげすまれたりする際に使われる言葉となっています。

つまはじきされる

「つまはじきにされる」とは、もともと人差し指や中指を親指のお腹に当てて強く弾くことを指している言葉でした。

そこから強い嫌悪や軽蔑、避難などの気持ちを表す表現として用いられるようになりました。

「仲間からつまはじきにされる」など、ある人を忌み嫌って排斥することを指す言葉です。

つまはじきとは、古くは縁起の悪さを祓うための仕草として用いられたものでした。
そのため単に人を嫌うという意味としては使われていなかったとされています。

それでも、厄災を持ち込む人はどうしても嫌われ者になってしまいます。
そこから厄介者をシッシッと追い払う際に使われるようになった表現ともされます。

嫌う事に関する言葉の雑学

他にも「嫌うこと」を表現する言葉は多々あります。
ここからはそんな嫌う事を指す言葉について、いくつか豆知識をご紹介します。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事