【絶景だけど閲覧注意】ニューヨークの超高層ビルで、作業中の男が撮影した目がくらむような映像

高い所であればあるほど絶景が見渡せますが、同時に高所が苦手な方にとっては大変なことになります・・・。

今回話題となっているのは、ニューヨークの超高層ビルで、作業中の男が撮影した目がくらむような映像。ニューヨークの素晴らしい街並みが見渡せる一方で、恐ろしさも感じます。

街の素晴らしい鳥瞰図

撮影されたのは、産業用溶接工のマーヴィン・カルジュさん。眼下にはニューヨークの街並みが広がっています。


出典:YouTube

この細い足場を歩きながらの撮影ですが、さすがにこれだけ高いと目がくらんできます。


出典:YouTube

真下にカメラを向けるとこんな感じ。めちゃめちゃ高い所にいることが改めてわかります・・・!


出典:YouTube

高さに慣れていない

こんな場所でカメラをまわしているぐらいなので、マーヴィンさんは平気なのかと思いきや、この高さには慣れていないとのこと。ただ、ここからでしか望めない絶景は素晴らしいですね。


出典:YouTube

本人視点の映像なので、実際に自分がそこを歩いている感覚にも陥ります。一歩踏み外したり、バランスを崩したら・・・と想像するだけで怖いです。


出典:YouTube


出典:YouTube

こちらがマーヴィンさん。多少足場が広い所で自撮りもされたようです。高さに慣れていないようですし、気をつけてくださいね!


出典:YouTube

それにしても、こんな高い所で作業される方って本当に凄い・・・尊敬します。こういう時に地震が来たら、たまったものではありませんね・・・。


出典:YouTube


出典:YouTube

動画はこちら

本人視点の映像は、そこに自分がいるような臨場感を体験できます。この作業場からしか見られないニューヨークの絶景を、ぜひご覧ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Man Films Dizzying Footage While Working On New York Skyscrapers)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事