「タイマン」がなぜ1対1の戦いを意味するの?その由来や類義語をご紹介

1対1の戦いを指す表現としてよく用いられるのが「タイマン」。
特に「タイマン」は、不良などの間でよく使われてきた表現となります。
しかし、なぜ1対1で対決することを「タイマン」と言うようになったのでしょうか?

ここでは、不思議な響きをもつ「タイマン」という言葉について見ていきましょう。

「タイマン」とは

 

まずは、「タイマン」が何を意味する言葉なのか見ていきましょう。

「タイマン」があらわすもの

「タイマン」とは、助太刀無用の1対1の喧嘩や勝負のことを言います。
不良の少年少女が使用する言葉の1つとされています。

第三者の介入を許さない、真剣勝負に際して使用されます。
端的に表現するのなら「果し合い」「一騎打ち」が近い表現となるでしょう。

「タイマン」は、名誉の挽回や回復、争いや戦いの解決など恨みを晴らすことを目的として行われます。
通常は当事者双方の合意のもと、あらかじめ了解した決まりを前提に行うのが鉄則となっています。
しかし、現代においては決闘罪に問われるため、両者の同意があっても「タイマン」を張るのは禁止されています。

タイマンは「張る」もの

「タイマンをする」と表現されることもありますが、正しくは「タイマンを張る」となります。
「タイマン」は「する」ものではなく「張る」ものなのです。

この「張る」とは、お互いに張り合うことから来ているとされています。
そこには、競争などのニュアンスが含まれることもあるということです。

「タイマン」の由来

 

では「タイマン」はどこから来た言葉なのでしょうか?
ここでは「タイマン」ということばの成り立ちについて見ていきましょう。

「man to man」から来たとされる

「タイマン」は、「man to man」という英語から来たとされています。
これは、文字通り「人対人」をあらわした英語表現です。

「man to man」が訳されて「対マン」となり、次第に「タイマン」へと変化していったという説が有力です。

一時期は中国語説もあった

かつて「タイマン」には、中国語から来たという説もありました。
古代中国ではお互いが相手に腹を立てることを「対懣(タイマン)」と表現していた・・・、とされていました。
それが転じて現在のような「タイマン」へと変化したとされていますが、中国の辞書にも無い言葉ということで、これは作り話だともされています。

類義語「サシ」との違い

「タイマン」に似た言葉に「サシ」というものがあります。
ここからは「サシ」という言葉の意味や由来から、「タイマン」との違いを見ていきましょう

「サシ」とは

「サシ」とは、1対1で何かを行うことです。
喧嘩の場合は、「サシでやろうや」などと言ったりすることがあります。

「サシ」の由来

1対1で何かを行うことを、日常会話では「サシ」と表現します。
この「サシ」は、「差し向かい」の略とされています。

つまり、向かい合って何かを行動をすることをあらわす言葉なのです。

「サシ」は戦いとは限らない

「サシ」は、戦いを指すようなニュアンスで使用されることもありますが、1対1で何かをすること全般に用いることができます。
そのため、喧嘩に限った言葉ではないという点で、「タイマン」とは異なる言葉になります。

まとめ

「タイマン」は、1対1で決闘することを指した表現です。

これらは不良用語の1つとして広まり、現在でも使用されています。
その成り立ちは、「man to man」の訳にあるとされています。

なお、類義語の「サシ」もまた1対1を指す表現です。
しかし、こちらは喧嘩などの争いに使用目的が限られていません。

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事