子どもには幸せになってほしいと思うのは可愛い我が子を思う親の気持ちでしょう。
その中で、子どもの教育に力を入れると言うことは、子どもの将来を考えたら当然のことなのかもしれません。

そこで今回は<教育ママの衝撃な一言>エピソードをご紹介します。

凍てつく一言

一時期同じ幼稚園を利用していたママ友の話です。
幼稚園の終わり時間に子どもを迎えに行くとママ友たちが輪になって立ち話をしていたので参加すると、その中の一人が引っ越すことになったという話をしていました。

「自分の子どもにはもっとお金持ちの家庭の質のいいお友達を作ってほしいから」と話していて一同凍り付きました。
(33歳/会社員)

無駄って?

息子の友人の親の事を好き放題言っていたママ友の話です。
その子のパパが、中卒なのは地元の人は、皆知っていました。

地方から引っ越ししてきたそのママは知らなかったのですが、「その子のパパがそうなら、いくら頑張っても無理だね。無駄だね〜。」と言って、同意を求めてきました。

私はそのママと友達をその日のうちにやめました。
(37歳/パート)

小学校受験の結果が…

小学校受験を行う家庭が多い、少し特殊な環境にいました。
小学校受験のシーズンになるとなんとなく皆がピリピリしたムードになるのですが、とくに気にすることはありませんでした。

しかし、いざ結果が出るとママの態度が急変。
合格した学校で優先順位をつけているのか、よい学校の子やママへの態度はよく、うまくいかなかった家庭を見下すような態度を取り始めました。

小学校受験のよし悪しで態度を変えるなんて考えもしませんでした。
周りのママもその言動にドン引きしていました。
(30代/会社員)

いかがでしたか

こんなママに育てられる子どもは、幸せになれるのでしょうか…。
教育も大事ですが、他人の事を思いやれる優しさも育てて行けるといいのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【離乳食期の赤ちゃんにかき氷を…】非常識すぎる姑に耐えられない!<ありえない義父母まとめ>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事