鎖を外され、やっと自由の身に…20年間サーカス団に飼われていたピューマを解放

main

20年間もの長い間、太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきたピューマ。そのピューマが解放される様子が撮影された動画が話題となっているのでご紹介します。

ピューマの名はムファサ。サーカス団に飼われて、長い間不自由に過ごしてきました。

1_R
2_R

そんなルファサが、いよいよ自然に解放される日がきました。救出したのは、世界中で動物の保護活動を推進している団体「ADI(Animal Defenders International)」。
3_R

どこか落ち着かない表情のルファサ。
4_R

解放される場所は、ペルーにあるタンボパタ保護区。舟で移動します。
5_R
6_R

目的地に到着し、檻を開けます。
7_R

今まで、まともに感じることもできなかった大地の感触をしっかりと確かめます。
8_R

最初は動揺して落ち着かない様子を見せていたようですが、徐々に慣れて保護区の森を颯爽と歩き始めます。
9_R
10_R

20年間…想像を絶するあまりにも長い年月です。そして、長年つながれていた太い鎖の跡はいまだに体に残っているといいます。これからは保護区の自然の中で、のびのびと生きていけるといいですね!

<動画はこちら>

出典:YouTube


出典:www.youtube.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事