あなたは理論派?直感派?30秒のテストで4つのタイプに分ける効き脳テスト

もの事を考えるときの効き脳があるというのはご存知でしょうか?左脳、右脳によって思考特性が人それぞれ異なり、表れる言動も異なることになります。

もの事を理解する(インプット)の時の効き脳と表現する(アウトプット)する時の効き脳がどちらを使っているかをかんたんにテストできますのでみなさんも試してみてください。

1.インプット診断方法  ~理解~

まずは、自然に 指組み をします。どちらの指が下にありますか?

左指が下...インプット時の効き脳は【左脳】

右指が下...インプット時の効き脳は【右脳】

2.アウトプット診断方法  ~表現~

同じく自然に 腕組み をしてください。 その時左右の腕のどちらが下にありますか?

左腕が下ならアウトプット時の利き脳は【左脳】

右腕が下ならアウトプット時の利き脳は【右脳】

fd140711d00001

結果.あなたは4タイプのうちどれ?

fd140711d00002

fd140711d00003

テストの結果はどうでしたでしょうか?
うう脳の人は「おー当たっているーすごい!すごい!」という反応で、ささ脳の人は「そんなに論理的でないと思うけどどうかな?」と分析したりするかもしれませんね。

友人やお知り合いにも試してみるのも面白いですね。ぜひやってみてください。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事