BMWが子供の意見をすべて反映させた車を考えてみたらこうなった

BMW-4219-ELir
出典:carthrottle.com
この車は、4歳のイーライ君という少年が語った夢の自動車を、BMWがデザインしたものです。車の名前は「4219ELi」42のタイヤ19のエンジン、そして発案者のイーライの名前を取り名付けられました。

BMWがデザインするまでの経緯

ある日、4歳のイーライ君と、叔父のベンさんは理想の車について語り合っていました。その時に語ったイーライの理想の車の条件は以下お様なものでした。

・車体はBMW
・タイヤは42輪でもちろん42輪駆動
・エンジンはポルシェのエンジン19基、それぞれ459馬力
・運転席は3つでそれぞれ同時に運転できる
・そして、トランクにはいっぱいのおもちゃが詰まっています。

この条件を満たすようなデザインを考えてほしいとベンさんはネット上に公開しました。そして、様々なデザインが提案される中、なんと、BMWがデザインを発表したのです!!

▼そのデザイン「BMW 4219 ELi」がこちらだ
BMW-4219-ELir
出典:carthrottle.com
しっかりと少年の条件に合うようにされたデザイン!さすがにエンジンはポルシェだとは書いてありませんが、他は少年の希望を忠実に再現し、しかもカッコよく子供にウケそうなデザインに!

4歳の男の子の夢の詰まった車「BMW 4219 ELi」を実際にデザインしてくれる、BMWの懐の深さに感動しますね!


出典:carthrottle.com / jalopnik.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事