ロマンを感じる…国内初! ローマ帝国のコインが沖縄の世界遺産 勝連城跡から出土!

main
出典:twitter.com

「ロマンを感じるなぁ」「ワクワクする発見だ!」

国内で初めて、ローマ帝国のコインが沖縄の世界遺産・勝連城跡から出土したことが話題となっているのでご紹介します!

沖縄県うるま市教育委員会は26日、世界遺産に指定されている同市の史跡「勝連城跡」より、ローマ帝国のコインが出土したと発表しました。市教委によると、同種のコインが見つかったのは国内初。今後、どのように勝連城にコインが持ち込まれたかなどについての分析を進めるといいます。


出典:twitter.com

研究者らも予想外の出来事に驚愕。


出典:twitter.com

皇帝らしき人物の肖像や複数のアルファベットを確認

2013年度の遺構調査の際に10枚の金属製品を発見。X線による画像確認などを行った結果、銅貨4枚が3~4世紀のローマ帝国のコインと判明したそうです。

このうち、14~15世紀の地層から発見されたコインは4世紀半ばのものとみられ、皇帝らしき人物の肖像や複数のアルファベットが確認されたといいます。

sub
出典:kotobank.jp

勝連城は14~15世紀にかけて海外との交易によって繁栄

勝連城は12~13世紀に築城され、14~15世紀にかけて海外との交易によって繁栄、1458年に首里王府の攻撃で廃城となりました。遺構からは中国の古銭、ベトナムやタイの陶器が出土しており、アジア地域からこれらのコインが運ばれた可能性があります。コインの使途などについては解明されていません。

また、遺構からはオスマン帝国のコインも出土。西暦1687年に鋳造されたとみられています。勝連城が廃城となった後のものとされており、持ち込まれた経緯は判明していないとのこと。


出典:twitter.com

素材としてまとめて持ち込まれた可能性?

中国では隋や唐の時代の墓から、アクセサリーに加工された古代ローマの金貨などが見つかっているといいます。今回出土したのは銅貨であることから、貴重品というよりも素材としてまとめて持ち込まれた可能性を指摘している識者もいます。ローマのコインは周辺地域で造られた模倣品もあるので成分分析を進めるとともに、どういうルートで沖縄に入ってきたのか慎重な研究が必要だとしています。

(寄せられていた声)


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

今回のローマ帝国のコインの発見は、ロマンをかき立てられる材料ですね!今後の歴史の解釈についての研究がいかにして進んでいくのか注目です。


出典:headlines.yahoo.co.jp / twitter.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事