コミュニケーションが苦手な人の脳内の一例を、分かりやすく表現した図に多くの反響!

main 出典:twitter.com


コミュニケーションが苦手な人の脳内を、分かりやすく表現した図に多くの反響が集まるなど話題となっています!

投稿されたのは、Twitterユーザーの柊二@黒幕5%@shuji6969さん。こちらが話題のツイートです。

出典:twitter.com

1_R 出典:twitter.com

2_R出典:twitter.com


他人との他愛もない雑談を苦手としていたりする人が、コミュ障と称されたりします。ツイートでは、「私のコミュ障具合が酷すぎて…」という書き出しで始まり、頭の中で考えていることをそのままの形で記載しています。「結果」にたどりつくまでの思考が分かりやすいですね。

柊二@黒幕5%@shuji6969さんいわく、「あくまで何も考えていないわけではなく、ある程度の選択肢を作った上で、それが実行可能かを考えているうちに会話が進んでしまう、その話題が終わってしまう」としています。

そして、その結果「何も話せない」ということがかなり多いと明かしています。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


このツイートに対しては多くの反響、さまざまな意見が寄せられていました。いろいろな人がいて、いろいろな感性や思考があります。その一つ一つが個性ですし、柊二@黒幕5%@shuji6969さんの思考も素敵な個性だと思います。

相手を尊重する姿勢があればコミュニケーションは優劣がつけられるものではないし、自由で良いかとも思います。皆さんはどう思われますか!?



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加