奈良公園の鹿に「鹿せんべい」以外のエサ与えると5万円以下の過料…その理由とは?

main 出典:wikipedia


奈良公園の鹿に「鹿せんべい」以外のエサ与えると、5万円以下の過料が科される検討がなされているようです。

出典:twitter


国の天然記念物に指定されている奈良公園(奈良市)の鹿。その鹿が観光客らから菓子を与えられ、病気になるケースが相次いでいるといいます。

こうした状況を受けて奈良公園を管理する奈良県は、園内で販売されている「鹿せんべい」以外のエサ付けを条例で禁止する方針を固めたそうです。


出典:twitter.com


違反者には5万円以下の過料

「鹿せんべい」以外のエサ付けを防ぐため、県立都市公園条例により定められた同公園のルールを改正する方向だといいます。違反者には5万円以下の過料を科すことを検討しているそうで、2018年度からの施行を目指しているとのこと。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


江戸時代から、おやつとして与えられてきた鹿せんべい

鹿せんべいの歴史は古く、江戸時代には既に販売されていたといいます。米ぬかや小麦粉を焼いて作られるため無害とされ、現在は愛護会の登録商標として、売店などで10枚入り(150円)で販売されています。

fawfawe 出典:wikipedia

しかし、鹿は野生動物であり、鹿せんべいで飼育しているわけではありません。愛護会の獣医によれば、鹿が1日に食べる草は約5キロとされ、1枚3~4グラムのせんべいは鹿にとって何十枚食べてもおやつのようなものだといいます。


いずれにせよ、無害な鹿せんべいはOKで他のエサはNGということで、奈良公園などで鹿と接する際には気をつけましょう!



出典:www.yomiuri.co.jp / ja.wikipedia.org

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加