いつか役に立つかもしれない!無重力空間での「宇宙サンドイッチ」の作り方

main 出典:YouTube


普段、何気なく作っているサンドイッチ。でも地上と宇宙ではサンドイッチを作る手順が変わります。

宇宙では少しでも効率よく食事をするために、様々な工夫が施されています。今回は国際宇宙ステーションにて、NASAの宇宙飛行士がピーナッツバターとゼリーを入れたサンドイッチの作り方をご紹介します。


食事はいつも楽しいですが、物が何でも浮いてしまうため、テープやベルクロ(マジックテープ)があちこちに貼ってあります。サンドイッチを作るために必要なパンは、普通のパンではなくトルティーヤを使います。他のものを準備する間、トルティーヤが飛んでいかないようにテープで固定しておきます。

01 出典:YouTube


ピーナッツバターの瓶を開けます。フタにもベルクロが付いています。空調でどこかに飛んでいかないように、フタもテーブルに固定。

02 出典:YouTube


ピーナッツバターをすくって、トルティーヤに塗ります。

03 出典:YouTube


次に、ゼリーを塗ります。(筆者はチューブのゼリーがあるなんて、知りませんでした。)

04 出典:YouTube


ピーナッツバターとゼリーのコラボレーション!!

05 出典:YouTube


あとはトルティーヤを巻いてできあがり。

06 出典:YouTube


はい召し上がれ♪

07 出典:YouTube


いかがでしたか?これから宇宙旅行が現実味を帯びていくだろう宇宙技術の発展において、こういう知恵や知識が必要になる日がやってくるはずです。

筆者はサンドイッチといっても野菜が挟めない事と、ジャムとピーナッツバターの組み合わせにビックリさせられました。でも、食べ物はやはり食べカスのでないものや、ペースト状のものが良いんでしょうね。実際の動画では、無重力のふわふわ感が伝わってきます。ぜひご覧ください。

動画はこちら



出典:YouTube / 出典:Wikipedia

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加