「40-32÷2=?」の問題を「4!」と答えて正解になった理由とは?

fd141120c001s 理解すると納得しちゃうとんちのような計算式の問題を。上の問題が黒板に書かれていたとしたらどう回答しますか?



40-32÷2=?

小学生「4!」

文系「やっぱわかんないか~」

理系「正解!よくわかっているね」




この計算式を普通の解くと、割り算を先に計算するので 40-(32÷2)= 40-16 = 24 なので、正解は24となるのが一般的ですね。とすると文系の人が小学生にはまだ早いんだと考えるのも納得するお話し。ところが、理系が正解と言っているのはどうしてなんでしょう?




確かに「4!」で正解

みなさん、お分かりになりましたか?感の良い人ならすぐに分かると思いますが、小学生が「4!」と答えを書いているのがポイントですね。どこかで見たことがある「!」の記号。そうこれは


4!(4の階乗)なんですね。

4! = 4×3×2×1 = 24

そのため
40-32÷2=4!

ということでした。
だから理系の人は小学生でも階乗を理解して回答しているんだと感心したんですね。なるほど!

まあ理系や文系などはお話しを分かりやすくするための言葉のあやだと思いますが、意味がわかると納得ですね!
これを見た人からは「頭を柔らかくするいい問題!」「分からない人を見てニヤニヤしてしまった」「口に出して答えたらダメってことね」「理系すげー」といった声も。

こういう問題って人に教えたくなりますよね。皆さんはすぐに分かりましたか?

fd141120c001s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加