砂浜にバーベキューの炭を放置→男児がやけど…温泉旅館がマナー違反に注意喚起

main 出典:Facebook


砂浜にバーベキューの炭が放置されており、その上を歩いた男児がやけどを負ってしまう出来事がありました。これを危惧し、男児の家族が宿泊した温泉旅館のスタッフが注意喚起の意味合いで投稿。多くの声が寄せられています。

投稿は、北海道・積丹町の温泉旅館「北都」によるもの。


出典:Facebook


以下、投稿された内容です。

【シェア拡散希望】

※同じ様な悲しい出来事が少なくなります様に。ぜひシェア拡散をお願い致します。

お盆最終日。前浜でキャンプをしていた方々も少なくなり、夏も終わりだなぁ?と思いながら仕事をしていました。

そんな中、本日お泊まりのファミリーがチェックイン。予定では午後から小学生対象の無料釣り船体験で船に乗る予定でしたが、あいにく積丹の沖合は時化ていて出航できず。船釣り体験は明日の午前中に延期になりましたが、お天気は良かったので小学校2年生の男の子と妹さん、ご両親と共に前浜へ海水浴に出かけて行きました。

しばらくして男の子の鳴き声が響いて来たので足洗い場を見ると、さっきの男の子がお父さんに抱きかかえられ、泣きながら足を水に浸けていました。

事情を聞くと、砂浜に火が着いたままの炭が放置してあり、その火の着いた炭の上を何も知らずに歩いたため、足の裏を火傷してしまったとの事。

しばらく流水で冷やしましたが痛みは酷くなるばかり。小学校2年生の男の子、一生懸命痛みを我慢し、歯を食いしばって涙をこらえている姿は、そこにいた大人全員が代われるものなら変わってあげたいと思う位痛々しくて。。。

救急車を呼び、余市の病院まで搬送され応急処置をしてもらい北都に戻って来たのは、陽も落ちて暗くなった午後7時半。お父さんに抱っこされたその男の子の両足は包帯でグルグルに巻かれ足もつけない状態。翌日の船釣り体験も出来なくなっちゃいました。

「海なんか来なければ良かったんだ」

この男の子はこう呟きました。

私達にとって、とてもとても悲しい出来事です。夏休みの良き思い出が台無しの出来事でした。

北海道では短い夏を堪能しようと、積丹だけでなくあちこちの海水浴場や海辺にキャンパー達がテントを張りバーベキューを楽しみます。しかし帰る際、バーベキューの炭や焚き火の焚き木は置いとけば自然にもどるという大きな誤解をしている人々が多く、火の着いたままの炭や焚き木を砂浜に埋めたり、そのまま放置して帰ってしまい、熱い炭を足で踏んで大火傷をしてしまいます。

炭はほぼ炭素の集まり。腐って土になるようなことはありません。砂浜を炭で汚したらそのまま永遠に残ってしまいます。

芯まで確実に水等で消火し、家庭ごみとして持ち帰ってください。バーベキューは来たときよりも綺麗にして帰ることがマナーです。

後片付けの中でも、炭の後始末は誤った方法で行うと、重大なルール・マナー違反だけではなく、事故に繋がる恐れもある大切なポイントですので、必ず正しい方法で行いましょう。

わからなければ北都スタッフに聞いて下さい!北海道の短い夏を良き思い出として子供達に残してあげたい!積丹ブルーの海をずっと綺麗なまま残したい。

温泉旅館北都の望みです。




お盆休みに宿泊した家族連れが同旅館の近くの海に出かけたとのこと。そこで、砂浜にバーベキューに使ったと思われる火がついたままの炭が放置されており、子どもがその上を歩いたため、やけどを負ってしまったといいます。この出来事に関する一連の画像も併せて投稿されていました。

3_R 出典:Facebook

1_R 出典:Facebook


「海なんか来なければ良かったんだ」と男児はつぶやいていたそうです。楽しいはずの家族の夏の思い出が、見知らぬ人達のマナーの悪さゆえに奪われてしまいました。とても悲しいことです。


バーベキューに使用する炭やたき木に関する勘違いを指摘

温泉旅館の投稿では、バーベキューに使用する炭やたき木が自然に返るとの勘違いが多いとし、「火の着いたままの炭や焚き木を砂浜に埋めたり、そのまま放置して帰ってしまい、熱い炭を足で踏んで大火傷をしてしまいます」「炭はほぼ炭素の集まり。腐って土になるようなことはありません」などと呼びかけています。

5_R 出典:Facebook


(寄せられていた声)

・男の子可哀想でしたね。楽しいはずの夏休み。イヤな思い出になってしまいます。持ってきたものは必ず持ち帰るのは当然の行為ですよね。

・酷すぎますね!両足やけどしてしまった男の子かわいそうすぎる… 楽しい夏の思い出が悲しい思い出になってしまって…マナーはきちんと守って欲しいですね!

・浜に炭火残す事じたいがひどいですょ!

・私も過去に砂に埋もれた炭火を踏んだ事があります。私の時はサンダルを履いてたから無傷ですんだけど、素足だったら文字通り「帰る足がない」でした。

・アウトドアは自己完結・自己責任!他人に迷惑をかけないようにしたいものです。それと、直火の焚き火を全面的に禁止するのが、とりあえずの最善策かなぁと思います。

・バーベキューがおこなえる砂浜であれば徹底した管理体制を可視化して欲しい。それが不可能であれば、砂浜でのバーベキューなどは禁止すべきこと。


6_R 出典:Facebook


この件に関しては、さまざまな声が寄せられていました。マナー違反は当然あってはならないことですし、炭の後始末に関しては十分な注意が必要です。



出典:Facebook

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加