「小さな命が救えて良かった」優勝をあきらめて犬の命を救ったレーサーに称賛の声

a 出典:YouTube


「小さな命が救えて良かった」

優勝をあきらめて、犬の命を救ったレーサーに称賛の声が寄せられるなど話題となっています。


この出来事が起きたのは、ポルトガルで2日間に渡って行われていたラリーの大会。



1台の車が走ってきました。ドライバーは同大会で既に2回の優勝を成し遂げているカルロス・マトスさん。

WS000000_R 出典:YouTube

ところが、ゆるいカーブを終えて直線に入ろうかというところで急に右にハンドルを切ります。なぜかというと…

WS000001_R 出典:YouTube

1 出典:YouTube

そうです。前方にいたのは一匹の犬。ものすごいスピードで迫ってきた車に驚き走り去っていきます。カルロスさんがとっさにブレーキを踏んでハンドルを切ったおかげで、間一髪犬は車にひかれることなく助かったのです。

WS000004_R 出典:YouTube

その後、カルロスさんは車を前向きにしてコースに戻っていきます。この時に沿道に観客がいることが確認できますが、一様に拍手喝采。間一髪で犬の命を救ったカルロスさんに敬意を表しています。

WS000005_R 出典:YouTube

WS000006_R 出典:YouTube


カルロスさん(写真:一番左)は自身が5匹の犬を飼っているといいます。そして、「コースにいた犬は体も小さく幼い犬でした」とした上で、「小さな命が救えて良かった」とコメントしています。


出典:Facebook


犬の命を救ったカルロスさんの判断に対しては、「優勝よりも命が大事。それをこうやって示してくれたカルロスには敬意を表したい」「素晴らしい判断」「技術もすごい。あのスピードで急ブレーキ…一歩間違えば自分の命も危なかっただろうに」など、多くの称賛の声が寄せられていました。

動画はこちら

出典:YouTube



出典:YouTube / Facebook

a
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加