母を亡くしたコウモリの赤ちゃんを保護…バナナをスゴイ勢いで食べる様子が話題に

出典:YouTube


母を亡くしたコウモリの赤ちゃんを保護。バナナをスゴイ勢いで食べる様子を撮影した動画が話題となっています!


場所はオーストラリア。撮影者が車で運転中、路上に1匹のコウモリの赤ちゃんを見つけたそうです。赤ちゃんコウモリは母コウモリに寄り添っていたそうですが、既に母コウモリはぐったりとしていて亡くなっていたようで…。心配になり、※保護して家に連れてきたそうです。

※日本では野生コウモリに限らず、他の野生動物についても「傷病鳥獣の一時的な保護」が、鳥獣保護法により認められていますが、「無断で捕獲・飼育」した場合には罰則か罰金が課せられます。


バナナを差し出すと、勢いよく食いつきます。

出典:YouTube

お口に入れた後はむしゃむしゃと美味しそうに食べています。この、つぶらな瞳が可愛らしいですね。

出典:YouTube

かなりの食欲です。再びがぶりと食いつきます。

出典:YouTube

出典:YouTube

勢いよく口に詰め込みすぎちゃったみたいで、少々フリーズ気味…。

出典:YouTube


映像ではコウモリをタオルでくるんでいます。コウモリの体表にはシラミやダニなどの寄生虫が生息している可能性が高く、体内にはカビ菌などの有害な微生物が内在しているとされています。

日本でよく見かけられるのは、アブラコウモリというコウモリですが、万が一、一時的な保護をするケースがあっても、そのあたりの事は頭に入れておいてください。また、保護した場合はお住まいの地域にある市役所や区役所に迅速に相談してください。


コウモリの赤ちゃんは、30日くらいで離乳して巣立つと言われています。お母さんがいないのはとても寂しいことですが、なんとか元気に成長してもらいたいですね。

動画はこちら

出典:YouTube


出典:YouTube / wbsj

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加