【心理学】離婚を招く会話のパターンがためになる!!

fd150205w001s このご紹介する会話のパターンは、アメリカの心理学者ジョン・ゴットマン博士の導き出したパターンだそうです。この博士は、15分間夫婦の会話を聞けばその夫婦が4年以内に離婚するかどうか85%の確率で言い当てるそうです!

せっかく愛し合って一緒になった二人!仲良くいたいですよね!


1.文句ではなく相手を批判してしまう

fd200363r

2.防御する

fd200364r そして、お互い相手が非を認めるまでこれを繰り返してしまう。
fd200365r

3.収まらない場合、相手を「見下す」言葉が出る

ここまでいくとかなり危険な状態になってきてしまいます。
fd200366r fd200367r

4.無視する(男性に多い)

口論ではどうにもならないと男性は無視する場合が多いそうです。
これは、口では女性に勝てないので手が出てしまうのを我慢するためだそうです。
fd200368r fd200370r

5.無視された相手は、絶望感を味わう

この無視ですれ違いはどんどん悪化してしまいます。
無視はやっている方の想像以上に相手を傷つけてしまいます。
fd200371r fd200372r 以上のような会話のパターンで離婚になってしまう夫婦が多いようです!

ちょっとした口論はどんな夫婦にも起こりうることです。
ダメなパターンを知って、このパターンにハマらないよう注意したいですね!

<動画はこちら>
動画では、うまくいく夫婦の例も紹介されていますよ!夫婦関係について興味のある方は出典元もチェックしてください!参考になると思いますよ!!

出典:夫婦図鑑
出典:YouTube

fd150205w001s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加