これからの暑い時期に覚えておきたい!”熱中症の応急処置”

heatstr 出典: www.hosp.yashiro.hyogo.jp


暑い夏が今年もやってきます。毎年、この時期になると増えるのが熱中症。みなさんの対策は万全ですか?熱中症は外出時はもちろん、熱のこもった室内や車の中など、どこでも起きる可能性があります。

ここでは、熱中症を起こしてしまった時にどうすればよいか?応急処置の方法をご紹介します。


まずは涼しい場所へ

熱中症を起こしてしまった場合、まずは涼しい場所に移動させましょう。涼しい場所や日陰などが近くにないという場合には、とにかく横になれる場所を探しましょう。
WS000000_R

服をゆるめて体を楽にする

着ている服に熱がこもっているので、熱を外に逃がすためにも、シャツのボタンを外すなど服をゆるめましょう。
WS000001_R

スポーツドリングで水分補給

とにかく大事なのが水分補給で、スポーツドリンクがベストです。持っていない場合には水やジュースでも構いませんが、水分と電解質を同時に摂ることが重要なので、できるだけスポーツドリンクは熱中症対策として持ち歩くようにしましょう。
WS000005_R WS000007_R
(注意点)おなかをこわさないように、ゆっくりと飲むこと。
WS000008_R

足を高い位置へ

足を高くすることで、臓器へ血液を送りやすくします。
WS000010_R

体を冷やす(冷やし過ぎに注意!)

霧吹きや湿ったタオルで体を湿らせることが大切です。この時、ついやってしまいがちなことが冷た過ぎるものを局所にあててしまうこと。血行が悪くなり体が冷えてしまうので注意が必要です。
WS000014_R WS000011_R
脇の下を氷などで冷やすのはNG
WS000015_R

以上、熱中症になってしまった場合の応急処置をご紹介しました。ただ、熱中症が予防できれば、それに越したことはありません。15分~30分毎に200ml~250mlの水分をこまめに補給することが大切です。

熱中症は突然おそってきます。夏を健やかに満喫するためにも、熱中症対策を徹底しましょう!


<動画はこちら>

出典:YouTube

heatstr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加