地球からは決して見えない!NASAの衛星ディスカバーから撮影した“月の後ろ側と地球”の画像

epicearthmoonstillr この画像見て何を思いますか?
私は、この画像を見た時、地球の画の上に粘土が置いてあるのかな?った思いました。しかしこの画像は凄い画像なのです!!月の裏側が見えている画像はとても珍しいんです。月の裏側というのは、月の自転と公転が地球と同期しているため、地球側には常に同じ面を向けています。なので、地球からは決して見る事の出来ないものなのです!!

NASAが公開した今回の動画は、地球から約160万キロ離れた宇宙気象観測衛星「DSCOVR」(ディスカバー)が撮影した映像です。少し昔まで未知だった月の裏側や、月自体の事も、こういった科学技術の進歩によってだんだんと解明されつつあります。
<動画はこちら>

この動画は2015年7月16日15:50~20:45に撮影され、月は北アメリカ周辺の太平洋上を移動しています。動画だと、地球の動きと月の動きが同期していて、月が常に同じ面を向けていることがよく分かりますね!

この様な画像や動画を観ると、宇宙の神秘になんだかワクワク・ソワソワしてしまうのは私だけではないはずです!「月の裏側」そのワードだけで、いろんな妄想が膨らんじゃいますね!

因みに、月の裏側の画像が初めて撮影されたのが1959年の旧ソ連の宇宙船ルナ3だったそうです。それから56年、今ではNASAが撮影した画像などを、一般人でも簡単にインターネットを通して見る事が出来るのですから、科学の進歩は凄まじいと改めて実感しますね!



出典:www.nasa.gov / youtube /

epicearthmoonstillrrs
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加