「渋谷公会堂」が50年の歴史に幕…ラストは最多公演の沢田研二さんが締めくくった!

main 出典:twitter.com

「渋公」の愛称で親しまれ、コンサート会場としてもお馴染みの「渋谷公会堂」が、10月4日に建て替えのため閉館。50年の歴史に一旦終止符を打ちました。これに対して、各方面から多くの惜しむ声が挙がるなど話題となっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

1964(昭和39)年に東京オリンピックの重量挙げ会場として竣工し、翌年2月に渋谷公会堂としてオープンした同館。しかし、2011年の東日本大震災を機に区が行った庁舎の耐震診断調査で、震災時の活動拠点としての基準値より低い結果が出たことから、隣接する総合庁舎と共に建て替えが決まっていたといいます。


沢田研二さんが締めくくりのライブ

閉館前には「渋谷公会堂FINAL」と題し、シンガー・ソングライター岡村孝子さんや演歌歌手・氷川きよしさん、ロックバンド怒髪天など、同館なじみのアーティストがライブを開いたそうです。

また、ラストは渋谷公会堂のステージに最も多く立った沢田研二さんが締めくくりのライブを行ったそうです。沢田さんはタイガースからソロに転向後、1981年から渋谷公会堂での年明けライブを開始し、35年間続けました。

出典:twitter.com


各方面から閉館を惜しむ声

著名人をはじめ、コンサートに訪れたファンなどから閉館を惜しむ声が多数挙がっていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


新しい公会堂は2018年度に竣工予定。

新公会堂は公園通り沿いに建設されるとのこと。地下2階~地上4階の6フロア構成となり、新庁舎とつながる地階には約3000人の食料品3日分などを保管する防災備蓄庫を配置するそうです。2階が舞台(ホール)で、ホールは2000席(2階~4階)ほどを予定しているようです。


これまでに出演されたアーティストや多くのファンの数々の思い出が詰まった渋谷公会堂の閉館。なんだか寂しくなりますね!



出典:www.sponichi.co.jp / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加