“太陽の4K超高画質映像”がスゴイ迫力!NASAが打ち上げた太陽観測衛星が撮影

main
出典:www.youtube.com

NASAが打ち上げた太陽観測衛星の撮影による“太陽の4K超高画質映像”がスゴイ迫力!だと話題になっているのでご紹介します。

太陽を撮影したのはNASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」。日々の生活にも関連の深い太陽-地球系を科学的によりよく理解することを目的とし、2010年2月に打ち上げられたそうです。
260px-Solar_Dynamics_Observatory_1_R
出典:ja.wikipedia.org
WS000001_R
出典:www.youtube.com

動画では、太陽の細やかな動きを鮮明に見ることができます。「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」は、太陽大気を高い空間分解能・時間分解能で多波長観測。太陽磁場がどのように形成され、磁場のエネルギーがどのように太陽光などに変換され、その後に太陽圏に放出されていくのか?その過程を調査しているそうです。


太陽活動が激しい時、太陽面から吹き出す巨大な炎「プロミネンス」。このように、太陽で生じている現象を高画質の映像で確認することができます。
WS000003_R
WS000002_R
出典:www.youtube.com


太陽の中心部で作られた光と熱のエネルギーは、約1000万年もかかり太陽の表面に到達するといいます。そして、太陽の表面から地球に届くまでは約500秒(8分19秒)とされています。太陽が地球に光を照らしてくれるおかげで、水が循環し、植物が育まれ、食物を得ることができます。
WS000000_R

太陽の超高画質映像を、ぜひチェックしてみてください!

<動画はこちら>

出典:YouTube


出典:www.youtube.com / ja.wikipedia.org

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加