こんな事あるの!? 虹+雷+飛行機が、すべて重なった1枚の画像が世界中で話題に!

main 出典:sploid.gizmodo.com

「虹」と「雷」と「飛行機」がすべて重なった1枚の画像が世界中で話題になっているのでご紹介します!

上記の写真は虹が出ている中で、雷が飛行機に落ちる瞬間をとらえた画像です。ドイツ人の写真家バーク・モビウスさんが撮影した画像で、昨年8月にドイツのタウシャにある飛行場から撮影したそうです。※乗員乗客は全員無事だったとのこと。

それにしても、こんな偶然があるのですね!ましてや、それを撮影した方がいるということにも驚きました。

確かに、虹に雷が重なっていることはすぐに分かりますが、飛行機が確認しにくいです。
140830planethunder1_R 出典:sploid.gizmodo.com

これなら分かるでしょうか。よく見ると、うっすらと機体が確認できます。稲妻のラインが途切れているところが飛行機です。それにしても、虹のラインに沿うように稲妻が落ちてくるとは…。
fewafewa_R 出典:sploid.gizmodo.com

飛行機は大丈夫なのか? そもそも飛行機に雷が落ちるのか?

飛行機への落雷は年中あるとまではいきませんが、それほど珍しくはないとのこと。空気中を飛ぶ際、どうしても避けられない雲の中や雨の中で、飛行機は雷を受ける(被雷する)ことがあるといいます。ただ、機内の乗員乗客は金属でできた機体の中で保護され、雷は飛行機の外壁を通り抜けていくため(ケースによる)、基本的に安全だそうです。

雷は、空気や空気中の水分が摩擦することによって「電気の素(電荷)」が空中にたまり、その量が多くなると一気に空気中に放電するという現象。空から地面に落ちるものといったイメージがありますが、雲の中では縦横無尽に雷が飛び交っているそうです。ケースによっては落雷で翼に傷がついたり、通信機器や計器類の一部が損傷することもあるようですが、到着後に整備・点検をしっかりと行えば、それほど問題にはならないそうです。


放電装置で被雷対策

また、主翼や尾翼には「スタティック・ディスチャージャー」と呼ばれる細い針のようなものが取り付けられています。電気の素は尖っている部分から抜けていく傾向があるとのことで、放電装置として20~30本ほど設置されているそうです。
2013JUL-NH710-077_R 出典:ja8772.blog74.fc2.com

雷が鳴った時は、外に出ずに車の中にいる方が安全だと言われます。また、飛行機に被雷しても基本的には大事には至らないようですが…。乗っている時に被雷したら、やっぱり怖いですね!



出典:sploid.gizmodo.com / www.jal.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加