外国人観光客向けにタトゥー風「そばアレルギー・チェッカー」が日本の食文化の理解へ

fd160511acda 出典:wikipedia
日本人には馴染みの深い蕎麦ですが、外国の方で”そばアレルギー”の事を知っている人はほとんどいません。なので、自分がそばアレルギーかどうかを知らずに日本旅行に来て、そばを食べてしまう事になります。皆さんご存知の通り、そばのアレルギーは重篤な症状を引き起こす危険のあるアレルギーで、とっても怖いものです。

そんな”そばアレルギー”について外国人観光客の方にも知ってもらう為に、北海道の国道230号沿いに集まるそば店からなる「230そば街道推委員会」は面白いアレルギーテストシールを作り、そのシールが今世界的に話題になっています。


ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー

「230そば街道推委員会」が作ったのは”ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー”日本の伝統的なデザインを入れたアレルギー・チェッカーで、アレルギーがある場合は、皮膚が赤くなり、赤くなった部分がシールから透けて柄が変わるというもの。
d18208-1-526623-7r 出典:prtimes.jp
これなら、もしアレルギーがあり、そばが食べられない場合でも、シールの柄が変わることで楽しめるのでいいかもしれないですね!!

▼実際に貼ってみるとこんな感じ
d18208-1-713846-1r 出典:prtimes.jp
これなら、普通にタトゥーシールとしてお土産にもなりますね!

▼デザインもイイですね!!
12801335_407462196119911_1848803146674953704_nr 出典:facebook

外国人観光客の方のそばアレルギーについて考えたことはありませんでしたが、よく考えてみると海外の方が、日本食を食べたいと言ってそばを食べることって結構多いと思います。そして、それって危険ですよね。

「230そば街道推委員会」さんの取り組みは現在は北海道旅行に来る外国人観光客の方が対象ですが、今後、このシールが普及して全国どこでも簡単にチェックできるようになるといいですね。日本人でも、そばアレルギーのチェックをしたことがあるという人は少ないと思うので、日本人でもやってみたいですよね。


出典:prtimes.jp / facebook /

fd160511acda
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加