「頑張って熊本」ガーナ代表が被災地へ送ったメッセージに感動!

fd300001r 出典:YouTube
MS&ADカップ2016 U-23日本代表 対 ガーナ代表の試合が5月11日に佐賀県の鳥栖市で行われました。この試合は「~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~」という副題がついている通り、熊本地震のチヤリティーマッチの要素も含まれていました。

この試合の試合開始前の選手入場時にガーナ選手たちが手書きのフリップで「GANBATTEKUMAMOTO(がんばって熊本)」と掲げ、サプライズで熊本地震で被災した方たちに向けエールを送ってくれたのです!

この行動は、サッカー日本代表の公式Twitterでも紹介され、沢山の反響がありました。


試合終了後も「がんばれ熊本コール」が起き、とっても暖かい雰囲気の素敵な試合になったようです。


他にも、ネット上にはガーナの選手に対して「感動した」「選手のみなさんありがとうござます!」「ガーナ選手好感度高い!」など、ガーナ選手に感謝を表すコメントなどが多くアップされています。

サッカーの試合では敵になる国に対して、試合前に相手国を応援するという優しさに感動しました。日本人として、この様な御恩は忘れてはいけないかなと思いました。

また、熊本地震の被災地区では、未だ避難生活が続いております。海外からの応援もたくさん届いているでしょうが、国内の私たちもまだまだ支援は継続していかないといけません。皆さんも自分の出来ることがないか少しでも考えてみてください。


出典:youtube / twitter

fd300001(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加