絶対に触っちゃダメ! 触れたら火傷みたいになる「やけど虫」の被害が拡大中!

main 出典:www.kotubankyosei-iyashiya.com

絶対に触っちゃダメ! 触れたら火傷みたいになっちゃう!


「やけど虫」の被害が拡大中とのことで、そのことの拡散を目的としたツイートが話題となっているのでご紹介します。

timthumb_R 出典:twitter.com

暑い時期になると出てくるという「やけど虫」(特に6~8月の気温が高く蒸し暑い時期に多く見られます)。ちなみに「やけど虫」というのは俗称で、正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」というそうです。ツイートでは九州で被害が拡大中とのことですが、九州以外の方も油断は禁物です。生息地は北海道から沖縄までほぼ日本全国とされています。

特に、田んぼや畑、川などの水気があるところや、草むらにも生息しているといいます。また、光に寄ってくる性質があるため、家に侵入してくることも…。さらに、体が7mm前後でとても小さいので、網戸の網目をすり抜けてくることもあるそうです。これは、やっかいですね!

08_6C5C4A4F3A4DC20002_R 出典:cpt-hide-cook.seesaa.net

やけど虫の体液には「ペデリン」という毒性のある物質が含まれており、この体液に触れてしまうことで、線状皮膚炎が引き起こされてしまうそうです。

20100217-1_R 出典:www.kotubankyosei-iyashiya.com

やけど虫の対策はどうすればいい?

「とにかく触らないことが一番!」です。仮に皮膚の上に乗っかっているのを見つけたとしても、つぶしたりしてはいけません(体液が出てしまい、以下のような症状が出てしまいます)。見つけても、潰さないようにティッシュなどでやさしく包んで取り除くか、息をかけて吹き飛ばしましょう。また、市販の殺虫剤は、やけど虫退治に効果があるとされています。網戸用のスプレーを使うのも効果的ですね。


(体液に触れた場合の症状)
・水膨れのような線状の紅斑が出てくる。
・ピリピリとした痛みが出る。
・2週間程度でおさまるが、皮膚に色素沈着が見られるようになり、目立たなくなるには多少の時間を要する。
・重症化すると、リンパ管炎・悪寒・頭痛・めまい・発熱などを伴い、1ヶ月くらい症状が続くことも…。
※また、体液が触れた手で目をこすらないでください。痛みが出るだけでなく、角膜炎や結膜炎といった症状が出ることもあります。

それでも、触れてしまった時の対策

注意していても、虫が手にとまれば反射的に手で払ったりしてしまうことも多いかと思います。そんな時には、まずは素早く水道でしっかりと洗い流しましょう。その場合に体液がついた場所が体の他の場所に触れないように細心の注意が必要です。また、ステロイドの軟膏を塗ることも効果的です。不安な方は皮膚科で診断を受けて薬を処方してもらうことです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


夏場に出てくるやっかいな「やけど虫」。事前にリスクや対策を把握しておいて、適切な対応がとれるようにしておきましょう!



出典:twitter.com / ja.wikipedia.org / www.kotubankyosei-iyashiya.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加