噴水に落ちて殉職したロボットに花が寄せられる…開発会社の発表したコメントがユーモアに富んでいた

main
出典:businesswire

今回の事故現場は、ワシントンDCにある複合ビル「Washington Harbour」。ロボット「スティーブ」は、顔認識システム、フォレンジック、高度な異常検出、高画質ビデオ撮影、赤外線、超音波センサー、銃検出など多彩な才能を持ち合わせ、ビルを護っていました。

ロボットと言えども勤務は厳しく、酔っぱらいに絡まれた事もあったそう。ところが、このビルで勤務を始めて数日後に悲劇は起こってしまい「スティーブ」は帰らぬロボットに。「スティーブ」の人気を象徴するように、オフィスの前には花や写真が寄せられています。上の写真で遺影を見つめているロボットは、新スティーブ。


出典:Twiter@LeeLee0205

前スティーブの死因は、勤務中に噴水に飛び込んでしまったことだそうです。辛いことがあったのでしょうか。もうすぐ、水検出という機能ができるかもしれないという段階でした。


出典:Twiter@SparkleOps

噴水に水没したスティーブに降り注ぐ雨…どことなく、哀愁が漂っています。


出典:Twiter@gregpinelo

この事故について、開発会社のKnightscopeはTwiterで報告しています。

人間はこの暑さで水に入ることができますが、ロボットはできません。
スティーブは「夏を楽しみたかっただけです」


出典:Twiter@iKnightscope

通常、このような事件や事故が起これば、開発会社の謝罪や賠償などの話しがニュースになりそうですが、遺影や献花があつまり、そして開発会社のコメントもユーモアで乗り切るところはさすがアメリカですね。みんなに大事にされていたスティーブ。スティーブ2号」もアップデートして、同じ事故が起こらないように頑張ってほしいですね。


出典:Twiter@LeeLee0205 / 出典:Twiter@SparkleOps / 出典:Twiter@gregpinelo / 出典:Twiter@iKnightscope / 出典:businesswire


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事