「小さな京都の建物」地元じゃなくても何故か懐かしいノスタルジックな写真の数々

main
出典:Instagram

ノスタルジックな写真の数々を撮影しているのは、京都ジャーナル誌創刊編集長のジョン・エイナセン(John Einarsen)氏。彼はデザイナー、写真家でもあり、2013年には文化庁官表彰受賞。同年、写真集『Kyoto: The Forest Within the Gate』を出版しました。

また、彼はiPhoneで家や奇妙な近所の神社や茶屋など、日本の変わらぬ姿を撮影しています。それらの写真はSmall Buildings of KyotoというシリーズでInstagramにアップしています。地元じゃなくても何故か懐かしい…「小さな建物の京都」と話題になっているのでご紹介します。

古い町屋の屋根から柑橘類の木が!


出典:Instagram

どこに木の根があるのか、気になりますね。

Barberし ば た


出典:Instagram

玄関と間違えそうなほど大きな窓ですね。

クリーニング


出典:Instagram

窓には、手書きのPOP広告が貼られて個人商店の気概を感じますね。営業しているのかな・・・。

ヨーロッパスタイルのカレー屋


出典:Instagram

カレーはインドだけではない!

緑のタイル+赤レンガ


出典:Instagram

外壁のタイルが昭和のお風呂を思い出します。

焼き鳥 とり粋


出典:Instagram

料亭風の焼き鳥屋さん。

Stylish grill


出典:Instagram

建物は古いけどオシャレなつくり!

Barberひげ床


出典:Instagram

時代を超えて、逆に斬新な感じですね。

Florist


出典:Instagram

中の花が見えなくなるぐらいポスターがぎっちり貼られてます。

Bar Ber おかうじ


出典:Instagram

シンプルですね。今はあまり見かけないトタンの看板。

いかがでしたか?京都という土地をあまり知らなくても、どこかタイムスリップしたような、ノスタルジックな気分に浸れますね。お店が昔の良さを上手く利用して少しずつリノベーションされている所もあるようですね。どちらにしても、日本の変わらぬ情景をみると、何となく安心してしまします。変わらぬ良さを継承してくれている人たちがいることが、とても素敵に思います。

ジョン・エイナセンさんは、他にもたくさんのSmall Buildings of KyotoをInstagramにアプされています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

kyotojournal@Instagram


出典:Instagram


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事