リアルアルプスの少女ハイジ、高さ170mのブランコではアニメのような笑顔で乗るのは無理だった

fd002559a
「アルプスの少女」のオープニングシーンで思い浮かぶのは、少女ハイジがアルプス山の間をなが~いブランコに乗っているシーンではないでしょうか。そんな通称“ハイジのブランコ”と同じくらい高くてで距離があるブランコがロシアのソチにあるそうです。

その名も「SKYPARK AJ HACKETT」というバンジージャンプにも似たそのアトラクションは、高さ170m、距離が500mもするブランコ。このブランコ利用料は1人乗りで7000ルーブル(約1万7500円)、2人乗りで1万ルーブル(約2万5000円)もするとのこと。その超絶映像をご覧ください。

<動画はこちら>

<動画はこちら>

下を見るだけで、お腹の辺りがキューンとなるくらい恐怖を感じてしまうシーンですが、乗っている人たちは意外と楽しそう!さすがにハイジのようにブランコを笑顔で楽しめませんが、みなさんはこれに耐えられる自信がありますか?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事