まさか…エンジンルームに動物の痕跡!?オイル交換の請求書に驚愕の事実!

main
出典:Twitter@gawacchi

「エンジンと動物のハイブリットだとは思いませんでした」

東京では例年より早く「木枯らし1号」が吹きました。いよいよこたつや毛布などの暖かいものが恋しい時期になってきましたね。それはどうやら動物も同じよう。これからの時期、車にエンジンをかける前は「猫バンバン」を!と公式アナウンスされています。どうやらエンジンなどの暖かい所に集まってくる動物は猫だけではないようです。

ツイッターユーザーのがわっち@gawacchiさんがオイル交換をした時、エンジンルームで発見された痕跡が話題となっているのでご紹介します。

こちらががわっち@gawacchiさん、今回話題のツイートです。


出典:Twitter@gawacchi

01
出典:Twitter@gawacchi

エンジンルームに柿が2個入ってました。
動物の侵入があります

え?ということは、何か動物がここで生活していたのかもしれない・・・この衝撃の事実に、Twitterユーザーからはたくさんの驚きの声が寄せられています。

(ユーザーの声)

湖北のエンジンは一味違いますな(^^ゞ

出典:Twitter@namapii

しばらく動物と出勤してたのかと思うと笑えますwww

出典:Twitter@gawacchi

居候からの家賃代わりだったりして(笑)

出典:Twitter@karmajiro

エンジンルームに侵入した動物とかけまして 報告書を書いた整備士とときます その心は…どちらも「かき(柿・書き)残した」でしょう。

出典:Twitter@WinD10074

ツイートでは、柿を残した動物は、猿、狐、タヌキ、ハクビシン?など、考えらえる動物が多々あげられていました。どんな動物が、どんな理由で柿を持ってきたのか?その光景を想像するとなんだか、かわいらしいですね。

それとも、がわっち@gawacchiさんに恩返しをしにきたのでしょうか。いずれにしても、冬になると動物も暖かい所を求めますから、ドライバーは気をつけないといけませんね。


出典:Twitter@gawacchi


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事