【海上自衛隊】「海の日」は日本の各寄港地で艦艇広報…満艦飾も圧巻!

海上自衛隊は西日本豪雨への災害支援を行う傍ら、7月16日の「海の日」に、日本の各寄港地で艦艇広報を行いました。これは、海上自衛隊の広報活動の一つで、普段観ることのできない艦船の中を一般の人に公開するイベントです。

このイベントでは、海上自衛隊のスケールの大きな仕事場に触れる子どもたちの表情や、滅多に観ることのできない満艦飾(まんかんしょく)が圧巻だと話題になっているので、ご紹介します!

子どもたちの最高の笑顔

普段、体験できない世界に接することができて最高の笑顔を見せる子どもたち。この笑顔に癒やされますね。こんな日がきっかけとなって、将来日本を護ってくれる子も出てくるかもしれません。

話題の満艦飾も圧巻

満艦飾(まんかんしょく)とは、艦艇が祝祭日・記念日・式典時に祝意を表すため、艦首からマスト(船体の中心線上に垂直に立てた柱)を通して艦尾までの旗線に信号旗などの旗を連ねて掲揚して飾ることです。その光景はとても華やかで観る人の気分も高まります。

写真は、7月16日、訓練のため大湊に集結している海上自衛隊の掃海艦艇が、「海の日」を記念して満艦飾を行ったものです。

海上自衛隊さん(@jmsdf_pr)がシェアした投稿 -

また、夜は電灯艦飾を行うこともあり、昼・夜で違う表情をした艦船を観ることができるのも楽しみの一つですね。筆者も満艦飾は間近で観たことがないので、一度観てみたいと思っています!海上自衛隊の艦船に触れるイベントは、日本各地で定期的に行われています。ご興味のある方はぜひホームページをチェックしてみてくださいね!

海上自衛隊イベント情報

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter@JMSDF_PAO / Instagram@JMSDF_PAO / Twitter@sayasukajepun / Twitter@k_lieutenant_dk
 / mod.go.jp

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事