入国審査でジョーク炸裂!ハワイの空港で起こった珍エピソードが面白いと話題に


輸出入ビジネスのコンサルタントとして世界中を飛び回っている、FRAN(@flaneur_fran)さん。

友人の結婚式に出席するため、一人でハワイに行った時に起きた空港での珍エピソードがTwitterで話題になっています!

ハワイに一人でいくべからず!?


ハワイといえば、家族や友人たちとバカンスを楽しむ場所というイメージが強いですよね。また、新婚旅行で行くカップルも多いのではないでしょうか。

きっとハワイの空港職員さんたちもそのようなイメージを抱いているのでしょう。入国審査で、女性一人で入国してきたFRANさんに審査官の男性がこう言ったのだそうです。

たったひとりで!?ハワイに!!??リゾートだよ!さびしいよ!!


そしてさらにその審査官は入国カードの半券に手書きで申告書を作り、FRANさんに渡したのです!


▼ 実際に渡されたものがこちら


大きく「ボーイフレンド」って書いてあって、その下に3つ名前を記入できるようになっていますね(笑)

空港の審査官ってちょっぴり怖いイメージがあったけど、このハワイの審査官みたいにジョークを交えて審査してくれたら楽しそう!思わず笑いながら入国してしまいますね(笑)

ちなみにこの後、笑い話として空港職員たちの間で広まり、外に出るまでにちょっぴり時間が掛かってしまったようです。


このエピソードにTwitterでの反応は…


このようなジョークは海外ではあるあるなんですかね!?本当に入国の時点で面白いですよね。まだ行ったことがないから、いつか行ってみたいな~!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@flaneur_fran)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加