【動画】「こんな花火見たことない」「スゴイ技術」“時差式花火”が凄すぎると話題に!


「こんな花火見たことない」「スゴイ技術」

Twitterに投稿された“時差式花火”の動画が凄すぎると話題になっているのでご紹介します!

話題の花火が撮影されたのは、山形県で8月19日に開催された「第28回赤川花火大会」。花火玉の製造および打ち上げを行っているのは、山梨県市川三郷町にある株式会社マルゴーで、同社が担当した「希望の光」というプログラムにおいて打ち上げられたそうです。

投稿されたのは、Twitterユーザーのこぐー 🎐@takoyakiokoさん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。


いかがでしたでしょうか?開いた時にキラキラと不規則に光ったり、回転リングのように発光したり… とっても不思議な花火で、本当に「これどうなっているの!?」という感じで釘付けになってしまいますよね。

こちらは、近年のトレンドともなっている「時差式花火」。スライド花火とも呼ばれ、火薬の燃焼時間をちょっとづつ変えることで発生する“ズレ”を応用しているとのこと。すごい技術ですよね。


(寄せられていた声)

・凄~い 日本の花火の技術も、捨てたもんじゃない!中にLEDが入っているみたい。 

・BSで放映していたので、最初から最後まで見ていましたー圧巻ですねぇ。 

・自分が行ってたときはこんなんじゃなかったのでグレードアップしててびっくりしました。来年機会をつくって行きたいと思います!!この動画に逢えてよかったです! 

・立体電光掲示板みたいな、今まで見たことが無い見事な花火ですね! 



「中にLEDが入っているみたい」という表現も面白いですね。花火が今後どのような進化を遂げていくのか楽しみです!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@takoyakioko)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加