奇跡の再会!看護師が出会った研修医はなんと28年前に看護した赤ちゃんだった


奇跡や運命を信じたくなるような「人の縁」って、あるものですよね。アメリカで、28年ぶりの再会を果たした2人が話題になっています。

カリフォルニア州パロアルトの小児科病院で働く看護師のビルマ・ウォンさんは、病院である研修医の姿を見た時、何か見覚えのあるような感覚を抱きました。

医師に名前を聞くと、彼の名前はブランドン・セミナトア。その響きにビルマさんは親しみを感じたといいます。そして、ブランドンさんがカリフォルニアのサンノゼ出身であること、彼のお父さんが警察官であることがわかった時、ある事実が明らかになりました。


ビルマさんは、28年前に新生児集中治療室に入っていた1人の未熟児のことをよく覚えていました。その赤ちゃんは、体重わずか2ポンド6オンス(およそ1.18Kg)で生まれ、ビルマさんは看護師として彼を世話しました。その赤ちゃんこそ、ブランドンさんだったのです!

28歳の研修医としてビルマさんと再会したブランドンさんは、父親に連絡して上の写真を送ってもらいました。赤ちゃんのブランドンさんがビルマさんと共に写っている写真です。


この運命の再会を病院のFacebookに掲載すると、4000回以上シェアされたくさんの感動の声が集まりました。

ブランドンさんは「奇跡的な体験だ」と語り、ビルマさんは「看護師としてご褒美をもらったようです」と語っています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(Stanford Children’s Health – Lucile Packard Children’s Hospital Stanford)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加