住民の立ち位置によって傾き、風に揺れる…斬新すぎる住宅「シーソーハウス」が面白い


住民の立ち位置によって傾き、風に揺れる… あまりにも斬新すぎる住宅「シーソーハウス」をご紹介します!

シーソーハウスとはその名の通り、シーソーのように重さがある方に傾く家のこと。国際的に有名な建築家アーティストのアレックス・シュワダーとワード・シェリーが開発しました。

米・ニューヨーク州北部の屋外彫刻公園に実験的に建てられたというシーソーハウス。コンクリート柱の高さは14フィートで、住居内の動きや風の具合により、ゆっくりと傾いたり回転したりするそうです。


アトラクションという位置づけであれば楽しめそうですが、実際の暮らしとなるとどうなるのでしょうか!?気になるところです。

ベランダに出て座っています。常時回転したり、傾いたりするわけですから、ゆっくりと風景を観賞できるといった感じではない!?のかもしれません。それとも程よい揺れや回転が心地良いのでしょうか。


柱が1本というところで心細いという方もいそうです。いずれにせよ、こうしたユニークな発想の住宅を形にしてしまうのが面白いですよね。動画の方もぜひご覧ください!

動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Rotating home that balances on a single 14-foot column in New York)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加