7歳少女の国歌斉唱を世界が称賛!イブラヒモヴィッチも「彼女がこの試合のMVPだ」とツイート


メジャーリーグ・サッカー(MLS)、ロサンゼルス・ギャラクシーとシアトル・サウンダーズの試合前に行われた7歳少女の国歌斉唱を世界が称賛しています。

国歌斉唱を担当したのは、インドネシア系アメリカ人のマリー・エマちゃん(7歳)。歌手やモデルとして活動しているといいます。


エマちゃんの国歌斉唱が始まると、その美しくのびやかで力強い歌声に、徐々に会場が魅了され始めます。


ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するイブラヒモヴィッチ選手も、この笑顔。


この大観衆の中、堂々と歌う姿には惚れ惚れしてしまいます。歌声のほか、表現力にも卓越したものを感じます。これからの成長、将来どんな歌手になるのかが楽しみです。



国歌斉唱が終わると、イブラヒモヴィッチ選手も拍手。その後、「彼女がこの試合のMVPだ」とツイートしています。



世界中が称賛した驚愕の歌声は、ぜひ動画でご視聴ください!

動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(7 Year-Old Crushes National Anthem, Zlatan Approves) / Twitter(@Ibra_official) / usatoday

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加