白米を食べなかった息子が「おいしいおいしい」と食べるようになった理由とは?


白米を食べなかった息子が「おいしいおいしい」と食べるようになった理由…。そのことを綴った投稿がTwitterで話題となっているのでご紹介します!

投稿されたのは、Twitterユーザーのはるまき@hitomitoguriさん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。


「工夫も根性もいらない。金が全てという現実」という言葉が響いてきますね。工夫だったり、気持ちの持ち方だったりが解決してくれることもありますが、確かにお金をかけて解決できることも多々ありますよね。

いずれにせよ、それまで食べられなかった白米を食べられるようになったことは喜ばしいことですね!

(寄せられていた声)





筆者の知人も、小学校高学年になるくらいまでは白米が苦手で、パンだったりが主食のことがほとんどだったようです。しかし、成長期に入って部活で活発に動くようになってからは、白米をたくさん食べるようになったそうです。

どういったことがきっかけで食べられるようになるかは人それぞれかと思いますが、高機能の炊飯器で高級米を炊くというのもひとつの手法ですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@hitomitoguri)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加