苦情の電話かと思ったら…?学校にきた意外なお問い合わせにほっこり


学校や幼稚園などに勤めていると、児童や園児の素行等について、時には近所の方から「苦情」が入ることもあるのだそう。

メジェドさん(@medjedsan)の勤める学校にも、ある日運動会の練習期間中に、一本の電話がかかってきました。曲の音量が大きすぎるという苦情かな…と、メジェドさんが身構えていると…


なんと苦情ではなく、曲名を聴きたかっただけでした!(笑)

実際には、当然こんなにラフなやり取りではなかったでしょうし、何曲か流しているうちのどの曲か特定するのにもう少しやりとりが必要だったそうです。
しかし、曲名がわかったご婦人は感謝して電話を切ったそうです。なんだかほっこりしてしまいますね!

Twitterでもほっこりする声が集まっています。

素敵な思い出共有ありがとうございます笑いました 
 
こういう感じの問い合わせばかりだといいですよね。 
 
素敵な出会い! 
 
ナオト・インティライミファンとしては嬉しいやりとり♪


ご近所のご婦人の心を掴んだナオト・インティライミさん、お手柄ですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@medjedsan)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加