そんなに違うの?国によって異なる「ジャンパー」の意味に驚き!


パソコンやコンセントなど、日本で普通に使っている言葉が海外では通用しないなんてことは多々あります。
そして中には全く別物と解釈される言葉もあるのだとか。

そういった解釈の違いについてMoa(@moa810)さんが投稿したイラストが、Twitterで話題になっています。

なんでも皆さんが普段着ているジャンパーの解釈が国によって違うとのこと。いったいどのような違いがあるのでしょうか。


へー!
ジャンパーは、日本ではウィンドブレーカーやブルゾンという解釈ですが、アメリカではエプロン型スカート、イギリスではなんとセーターという解釈なのですね。

安易に海外で”ジャンパー”というと、とんでもない誤解が生まれそうです!

投稿に寄せられた声


違っ!そのジャンパーではない!

って、”ジャンプする人”っていう解釈もできるのか…
言葉って奥が深いですね。

非常に勉強になる投稿でした!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@moa810)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加