親御さんたち気をつけて!脳外科医が教えてくれた”子供の送迎の際に心がけていること”に納得


子供が巻き込まれる交通事故のニュースを耳にすると、本当に悲しい気持ちになります。
将来ある子供たちが悲惨な状況になるのは本当に辛いことですし、

「あの時ああしてればよかった…」

という後悔の念に、被害者側はもちろんのこと、加害者側も苛まれてしまいます。

そんな悲惨な交通外傷を多く目にしてきた脳外科医の赤木継(@nougekanow)さんが投稿した、『子供の送迎の際に心掛けていること』というのがTwitterで話題になっています。


なるほど。子供は周囲の状況が目に入っていない場合もありますし、予測不能な行動をとることもあります。

そういった子供のことを考えた対策、なんだか勉強になりますね。

そして赤木さんはこんな補足もしています。


親の目の前で子供が事故に遭うこと…

考えたくはありませんが、実際に起こりうることです。子供の送迎時には、是非実践するべきことだなと思わせてくれる投稿ですね。

投稿に寄せられた声


「相手からは見えているはずだ」ではなく「相手が見ているとは限らない」

たしかにおっしゃる通りですね。子供だけでなく、大人にも言えることだと思います。こういったことに気をつけて、少しでも悲惨な交通事故がなくなることを願います。

ちなみに今回ご紹介した赤木継さんは、「のうげかなう。」というWEB4コマ漫画を描かれているそうです。


興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@nougekanow)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加