【全国初】だまし絵を利用した案内表示が京急線の羽田空港国際線ターミナル駅に登場! | FUNDO 【全国初】だまし絵を利用した案内表示が京急線の羽田空港国際線ターミナル駅に登場! – FUNDO

【全国初】だまし絵を利用した案内表示が京急線の羽田空港国際線ターミナル駅に登場!

2019.1.29


2019年1月28日から京急電鉄の羽田空港国際線ターミナル駅で、目の錯覚を利用した「案内表示」をなんと全国で初めて導入されました!

いったいどんな”錯視サイン”なのか、実際に見に行ってきました!

錯視でご案内


全国初導入の錯視サインがあるのは、空港到着ロビーに直結している2階の京急線改札前。


改札を通って品川方面の2番線ホームへ向かって歩くと、すぐにその大きな錯視の案内表示が現れました!

▼ その案内表示がこちら


おぉ~、なんだか矢印を避けなきゃって気持ちになりますね(笑)そしてまた「ホーム行き」の表示が立体に見えて面白いな~。

ちなみに近くで見てみると、このような感じで床に貼られています。


近寄ってみても目の錯覚が起きてしまうから、ただただ脳が混乱しますね(笑)

でもなぜこのような案内表示をわざわざ…?と思ってしまいますが、実は改札近くにあるエレベーターに気付かないお客さんが多かったようで、そのために分かりやすく錯視で目立たせたみたいです。

錯視が他にも…!


案内表示ではありませんが、その近くには錯視で記念写真を撮ることができるコーナーがあったのでついでにパシャリ!


うわぉ!電車が飛び出して見える~!!

今のところ錯視の案内表示があるのはここだけですが、ぜひぜひみなさんも見に行ってみてはいかがでしょうか。
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加