セブンの「牛丼」とローソンの「牛すき丼」をひかくってみた

2018.12.11


いまや松屋や吉野家などの牛丼チェーン店のみならず、コンビニも美味しい牛丼を販売しています。

今回は、セブン-イレブンとローソンで販売しているお弁当の『牛丼』を食べ比べてみました!

セブン-イレブン「熟成肉の特製牛丼(税込398円)」


箸よりスプーンで食べたいくらい汁だく。肉は薄切りで柔らかく、脂身もそんなに多くないのがいいですね。

ただ具が少なめだからご飯がわりと残りやすい。でも汁だくなので、最後に汁でひたひたになった白米を勢いよくかきこんで食べました(笑)それぐらいつゆも肉も美味しかったな〜。ちなみにカロリーは、590キロカロリーです。

ローソン「牛すき丼(税込498円)」


数年前は牛丼を販売していましたが、2018年12月現在は「牛すき丼」になって販売しているローソン。やはり牛肉と玉ねぎだけでなく、ネギ・しらたき・豆腐・卵も入っているから少しお値段は高めですね。

味はすき焼きというより、やはり牛丼って感じですね。玉ねぎと牛肉が同じくらいの量で入っていて、しらたきとネギはほんの少ししか入っていない印象かな…。

肉に脂身がそんなに多くないのがいいですね。ただ具より白米の方が多く、汁だくでもないのでもう一品おかずが欲しいなって個人的に思いました。ちなみにこちらのカロリーは、536キロカロリーです。へぇ〜、ローソンの方が低いんですね!

いかがでしたか?今回セブンとローソンの牛丼を食べてみましたが、個人的に私はセブンの牛丼が好みかも!?と思いました。ぜひみなさんも食べてみてくださいね。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加